シドニー生活

アラフォーの医療系大学院生がシドニーで研究にトレランに奔走するお話

Lの切ないニュース

昨夜のブログをアップした後に、他の学生から悲しいお知らせを聞いた。どうやらLちゃんのP1がまたリジェクトされたみたい。これで3回目。情報もとはスーパーバイザーからだそうです。

 

実は薄々感じてた私。。。だってLは突然来なくなって、今週また登校開始して、しかも今週突然いままで大学に着てきたことないような服(自宅の部屋着みたいなパーカー)で現れ、ボサボサでやつれた風貌。いつものLとは違うからどうした?って感じだったの。Lはプライドは高いけどメンタルが超弱いので心配。いつもなら皆で雑談するのにね、、、2回目のリジェクト受けて以来、3つ目のジャーナルの話すらしなくなった、と言うか大学へ来る頻度さらに減りました(心配)

 

スーパーバイザー曰く、「Aはどれも良いジャーナルに掲載されてる、Bも一本目の論文が一発で良いジャーナルに載った、Cも二本も良いジャーナルに載ったなどなど、、、それなのにLはことごとくリジェクトだから落ち込んでいる」と、皆の投稿先と高いインパクトファクターと自分の状況を比較してしまい落ち込んでいるみたい。切ない。しかも2回目リジェクトて受けた指摘をもとに、ジャーナルタイプ少し変えたはずなんだけど、結局狭い領域のジャーナルからもリジェクトをうけたことになる。とりあえず、あがった名前の中に私の名前もあったと言われて少しだけ嬉しかった事はブログに書いておく(←日頃頑張ってるから評価されるとそれは嬉しかった)。あと、そもそもLはオナーズと自分の状況を比べたら駄目だよ!オナーズの彼女の研究はガイドラインに近い研究だから、トピック自体の重みが違いすぎる。それにオナーズの彼女はLよりバイト時間長いけどLより研究もしてる。なんでも自分の周りにいる学生と片っ端から比べるのは違う。それぞれやってきたプロセスも違うしそもそも領域も違うのに、時々しか大学へ来ないLとどこをとっても比較出来ないよ!って言いたい。私も周りと自分をいつも比べちゃうから、気をつけなきゃね!!!

 

Lの論文の状況は3回とも同じなのは問題だと思う。3回ともエディター止まり。だからサブミット後直ぐにリジェクトなんだな。レビュアーに回してもらうことすら叶わない。。。私だったら、せめてレビュアーに回してくれ!読んでくれ!って思っちゃう。これかなり悲しいし辛いと思う。想像もしたくないな。でもこの状況を経験豊かなスーパーバイザーに言わせると「Lの原稿はたった3人の目にしか触れてない(エディターだけ)。だからまだまだいける。レビュアーへ回って、もっと多くの人の目にさえ触れればアクセプトされる」って(笑)えー!ポジティブ過ぎない?(笑)3人にしか?いやエディターがこれは違うってレビュアーにすら回してない事、門前払いをくらってることが一番問題なのに、それを逆に強みと解釈しているあたりが強い!!

勉強になりましたm(_ _)m

私もP2で挫けそうになったときは、そう解釈したいと思います。

 

今回のLの結果を聞いて、どれだけ自分がラッキーか再認識した。人生一本目で、一回目の投稿でアクセプトされたからね。ここだけ聞くと、超優等生に聞こえるけど、そんなわけない。苦労、挫折、努力の固まり、、、相当やってるだけだから、時間かけてるだけだから、ラッキーなだけだから、って思う。

 

Lの論文の共著者に、めちゃめちゃ有名な人(名前忘れたのでZさんとします)入ってます。ここにもストーリーがあって、執筆の時期にスーパーバイザーがZへ連絡を取り共著者になることが決まった(Zはイギリス人)。Zは、メンタル界の巨匠で、その人の本はメンタル系の教科書として医学の世界では世界中で使用されてるらしい(私はもちろん知らなかった(笑)ちなみにScopusでZのh-indexみたらスーパーバイザーさらに超えてて見たことない数字だった)。Zはちょうどその本の改定を考えている時期だから、Lの論文は改定版で引用されるだろうと私達学生の中で以前話題となった。ようは、LのP1は間違いなく今後爆発するとふんでたわけ!でも3度のリジェクトでLは撃沈。

 

これらの状況をふまえて、私の結論はこうなる。いくら世界ランク上位の大学の学生の書いた研究論文でも、駄目なものは駄目なんだと。大学名も、スーパーバイザーのネームバリューも、共著者のネームバリューも通用しない。やっぱり中身。中身なんだと思った。だから原稿を書くファーストオーサーって責任重大だ!

 

昨日のLのニュースを聞いて、今日午前は久しぶりにP2の執筆再開させました!いつも今動いてる研究を優先させてしまい、それを言い訳に執筆を後回しする癖、本当によくない。毎日2時間でいいから書いたほうがいいよね!!

 

最後に(>ω<)今回は本当に切ないニュースだけど、耳にしたからにはLをしっかり見守りたいと思います!そして周りから3回のリジェクトはザラだと聞いてるので、そんなものだといまから自身にも言い聞かせるようにします。

f:id:pskusg:20200917123115j:image

いまビルの日陰に座り込んで、青空見ながらブログ書いてました!シドニータワーもみえまーす!

f:id:pskusg:20200917124824j:image

そろそろ

仕事に戻るよ。では。

 

ご飯食べ忘れて仕事

昨夜は19時に帰宅予定が20時半になってしまった件、残念すぎる。私は仕事遅いのだ←日本語で仕事してたのにね。

帰宅後はとりあえず予定通りこれ↓

f:id:pskusg:20200916114441j:image

お昼に一旦自宅まで帰宅して受け取った化粧品をつかったよね。今朝は特に肌の変化はなし(泣)←1日で変化ある方がすごいわって話。

(>ω<)それにしても今日は暑い!昨夜は強風でものすごく寒かったのがうそのようだ。

今日のお昼にスーパーバイザーが部屋から出てきて「Do you want coffee?」といつものフレーズを言ってきた(笑)。どうやらミーティングとミーティングの合間に90分空きがあるみたい。これに付き合った学生は私を合わせて2人。

私、始めは断ったけど、結局お茶に付き合いしました。と言うか、私が打ち合わせしたいことがあったのでちょうどよいタイミングだとおもったの(笑)。

f:id:pskusg:20200916114804j:image

今日はビルから一番近いカフェへ。この吹き抜け感が気持ちよかった!

f:id:pskusg:20200916152331j:image

カフェを利用する際はNSW州のルールで、店内利用の際はQRコードを読み込んでレジスターして(登録完了画面はスタッフへみせる)、体温チェックを受ける。

そこで疑問なんだけど、

f:id:pskusg:20200916115148j:image

テラス席はテイクアウト扱いになるのはなんで?屋外だから?

f:id:pskusg:20200916114804j:image

そんなことはどでもいいか?

とりあえずキャンパス内のオープンカフェだから、お客さんは大学スタッフが中心で安心感はある。そしてローカルいわく「最近ではコロナはscarelyではないけどnot nice」なんだって。ノットナイスって簡単な英語だけど、私の口からはあまりでない言葉。うん、私も「コロナはのっとないす」だとどこかで言ってやる。

f:id:pskusg:20200916115517j:image

それにしても混んでたよね〜

テイクアウトして、テラス席を確保。ふとカップをみると、

f:id:pskusg:20200916115532j:image

カップが新しくなったみたい。

f:id:pskusg:20200916120033j:image

この黒いムックみたいなやつ、何でしょうか?(笑)

ここまでがお昼の話。

話がかわるけど、今さっき気がついたのね、本日は朝も昼も食べるの忘れてた、、、

朝は☕コーヒー1杯、フルーツジュース1杯

お昼は☕コーヒー1杯

(ー_ー)食べるのが生きがいなのに、どうしちゃったの私?

夕方にラーメン作って食べたよ。

 

ちなみに今日も雑務に終われてます(←主務です!)

来月開催する中間報告会の準備をしている。昨日、中間報告会のプログラムの詳細が決まった(ようやく共同研究者から承諾を得た)。だから昨日から中間報告会の講演依頼を開始しています。

今回の中間報告会では、研究結果に加えて、特別講演を予定しています。

特別講演は2名

うち一人はスーパーバイザーで先ほどスケジュールの最終確認を終えてオッケーがでた。もう一人からは先ほど承諾メールが届いた。講演内容はこちらで予め指定しているので、こちらで事前に作成したポスター(原案)を添付しておいたから、そちらも含めてオッケーでたよ。

活動報告は研究参加者から3名

今回は一部の研究参加者この7-9月の研究活動として、この研究が現場に与える影響についてお話をしてもらう予定です。こちらも3名へはそれぞれ具体的なテーマを伝えて依頼しました。結果は3名中、1名はオッケー、1名は保留、1名は辞退(予定があるようなので最終報告会でお話いただくことで話がついた)。ということで本日午後に、穴を埋めるべく他の候補者へ依頼をしたところ。

ドキドキ(;´・ω・)

もちろん講演依頼だけで夕方までかかることはない。講演者が決まったら直ぐに外部へイベント参加募集ができるように、メールの準備。いまの研究参加者以外にも、以前研究説明会に参加したけど研究参加はしてない人、過去のプロジェクトのイベントに一度でも参加した事のある人、職能団体、医療系の雑誌の編集者などなど連絡先はいろいとあるけど、一部はBCCで送れるから助かる!とりあえず一通り文面を作ったので、あとは明日かな?明後日かな?確定がかかった段階で一気に送信するだけ。

話はずれるけど、もっとPythonが出来るようになれば、こんな雑務も一瞬で出来るのになってふと思う。でもまだまだ初学者なので、小さなトラブルでいっぱいいっぱい。夕方以降はPythonと格闘してたけど、今回のお悩みはPythonが遅くなってしまった。原因はCSVファイルが重いからだ判明した←単純な理由だった(笑)私は残念すぎるね。

f:id:pskusg:20200916182417j:image

さっき、スーパーバイザーから差し入れのコーヒーもらったよ。みんなでシェアした。

甘かった〜

疲れた脳には砂糖必須!砂糖で癒やされたので今から帰るよ。では。

 

※最近は日中にブログを小分けで書く作戦です。毎日更新できるように考えたらね、このスタイルかなって。つづくかわからないけど、これでしばらくやってみます。最近忙しいのを言い訳に全然かけてないのでちょっと頑張る。

荷物置き去り事件

突然ですが、オーストラリア在住の皆さま、オーストラリアの残念なところNo.1は物流システムだと思いませんか?

 

オーストラリアの運送事情をご説明しますと、基本的に荷物の受取り時間の指定はできない。会社によっては受取り日すら指定出来ない。さらには土日祝日は配送しないとかざら。

だから、何かを購入すると、荷物受け取るの必死なんですよ(笑)

日本でクロネコさんや佐川さんに2時間刻みのお届けサービスを一般的なサービスだと勘違いして育った私には、このオーストラリアのシステムが辛くてね(泣)。

 

実はコロナ中にとんでもないドツボにハマり、4度も運送会社のコールセンターへ問い合わせ、アマゾンオペレーターに3度問い合わせしたあげく、運送会社がダメダメすぎで、結局商品を受け取り諦めて、やもなく返品手続きをオンラインでしました(この会社Googleのレビューみたら評価低かったの、被害者は他にもいっぱいいるみたいだった)。とにかくこれは、シドニー生活で一番残念な思い出です(泣)もはやトラウマ。

 

ここからが本題(前置き長っ!笑)

日曜にオンラインショッピングをしました。その際、サイトを選ぶ決め手はどこの運送会社を使用しているかどうか。サイト内に記載してない事もあるけど、記載してあればラッキーだ。このシドニー生活3年半の経験から、郵便局ならセーフって事で落ち着いている。

f:id:pskusg:20200915152754p:plain

だって、近所のポストオフィスへ取りに行くだけで確実に荷物が手に入るから。

・ω・

だからね、今回は郵便局が届けてくれるから油断してしまったの。

・ω・

打ち合わせが終わってホッと一安心、打ち合わせ内容をメモに起こして研究作業をすすめ、そろそろ休憩しようかな☕って時にこの連絡をみつけたよね。

f:id:pskusg:20200915152913p:plain

(ー_ー)チーン

しかもよくみると

f:id:pskusg:20200915152840p:plain

f:id:pskusg:20200915152931p:plain

数日前に事前にオンラインで郵便局のロッカーへ保管のリクエスト出してあったのに、

勝手に自宅へ届けちゃったよね!

しかも事後報告!

f:id:pskusg:20200915152754p:plain

そういえば、過去にもこんなことあったなって・・・。コロナのせいでいままで以上に荷物受け取りルールがゆるくなったのよね。

以前の事件はこちら↓

pskusg.hatenablog.com

 

以前のブログでも書いたけど、

f:id:pskusg:20200915152931p:plain

「我々はあなたの荷物を安全な場所に置いておきました」ってさ、安全な場所かどうかはこちらが決めることだよね。安全な場所に置いたのではなく、自宅の敷地内に放置したってことだよね?

f:id:pskusg:20200602220057j:image

近所に悪い奴いたら、取り上げらちゃうからね。

f:id:pskusg:20200915152949p:plain

あとね、私が事前に郵便局ロッカーへの保管をリクエストしていたのに、「問題があってリクエストが承認されなかった」と報告されても、どこがどのように問題だったのか教えてくれないと!情報がザクっとしすぎたよ!!

f:id:pskusg:20200602220809j:image

原因を教えてください。

敗因を教えてください。

宜しくお願いいたします。

f:id:pskusg:20200915152754p:plain

 

とはいえ私は小心者なのでクレームは言えないタイプ。怒りより、近所にジャイアンがいないか心配と不安で胸が張り裂けそう。

他の学生に話をしてみたら「自宅近いし取りに行った方がいいよ」と、模範解答をいただきました!

(/・ω・)/ありがとう

心は復活☆彡

とりあえず午後はもう予定もないからダッシュで帰宅したわけ。そして、無事にドアの前に安全に放置してあった小さなダンボール箱を確保。

f:id:pskusg:20200915145703j:image

めでたしめでたし。

とりあえずこうしてブログに毒🍄をはいてスッキリ〜

まだ明るいし、

とりあえず

開封の儀を執り行うよね。

(*^_^*)

箱が会社オリジナルだから凝っててかわいい。

f:id:pskusg:20200915145710j:plain

箱が可愛いので会社名をここで宣伝しておく!

f:id:pskusg:20200915145742j:image

ADORE BEAUTYさん☆

f:id:pskusg:20200915145720j:image

こちらが購入品!

The Ordinary

いまオーストラリアで大人気の基礎化粧品です。オーストラリアの商品ではなく、カナダの商品です。

f:id:pskusg:20200915160448j:image

安くて成分が高濃度入ってるって噂←?初めて買ったので効果は不明

 

とりあえず、今夜は19時にはオフィスを去りたい。この商品を使ってみたい。ふふふ。

f:id:pskusg:20200915160520j:image

ちなみにサンプルが色々入っていてお得感あり。

f:id:pskusg:20200915160858p:plain

なぜか、ティムタム(オーストラリアのお菓子)も入ってた!(笑) 

オーストラリアのこういうとこを好き(笑)

ティムタムは、今回自宅へ荷物を取りに帰ることを後押ししてくれた学生さんにあげました!

以上、置き去り事件でした。では。