シドニー生活

アラフォーの医療系大学院生が研究にトレランに奔走するお話

医療系の大学院へ2017年よりオーストラリア留学、帰国日は未だ未定。1年目は修士コースワーク、 2年目から博士課程前期へ進学。残りの30代はとことん学ぶ決意です!社会人からの無収入学生へ転身、不安は数えたらきりがない。果たしてサバイバルできるのか、いやサバイバルしてみせます。2017年は勉強が大変すぎて心に余裕も持てず時間を過ごしてしまった。だから留学2年目2018年はブログとともに始動します。世間が思っている以上に留学生活は過酷です。留学の手続きは基本全て自分で行なっているし、完全にセルフスタイル。もしかすると他のブログとは違う情報も多いのでは?と思います。日本語使用しないその分だけ苦悩は多いけど、日々サバイバル能力を磨いております。つまりは日記ブログです。(2017.12)

2017年12月PhDへ出願し入学5日前に不合格通知をもらう←不合格理由はMPhilを持っていないから。しかしMPhil入学は妥当と判断され、大学のご好意でMPhilの合格通知をいただく!2018.3.1からはれてMPhil1年生。正規ルートだとMPhilを卒業しPhDへ出願だけど、MPhilの卒業なしでPhDにジャンプアップが可能という情報を小耳にはさみ、2018年MPhil生活はそれを目標に研究をどんどん進めていき、PhDジャンプアップを狙うことにした。2018年の成果(エビデンス)をもって同年12月にPhDへのコース変更を申請し受理された。2019年1月からとうとうPhD1年生。そしてMPhilの成果はすべてPhD過程に集約されたので2019年3月からは2年生!。MPhil経由でジャンプアップしてようやく掴んだPhDへの道、理系のリアルPhDライフ(手続きや大学院生活)をこれからも細かく綴っていきます。(2019.1)

プロフィール
id:pskusg
ブログ投稿数
377 記事
ブログ日数
340 日
継続期間
3 日