シドニー生活

アラフォーの医療系大学院生がシドニーで研究にトレランに奔走するお話

博士課程合否待ちのままのまま

前回のブログをみると博士課程願書出願に関する記事は2月17日。

あれからもう3日も経過してる笑

でも私まだオファーもらってない笑

 

もう何度もこのブログに書いているけど

入学希望日は3月1日

本日は2月20日

 

これやばいよね?笑

 

今朝、大学からきた一般的なお知らせメールの一部がこれ↓

If you’re new: Welcome! If you’re returning then welcome back!

This is your special edition for Orientation Week. Find below some events that will connect you to other postgraduate students, your student representatives, and settle you in well for the start of Semester 1.

We will be at O-week from Wednesday 28th February to Friday 2nd March at stall number 35.

 

おいおい!

もうオリエンテーションウィーク始まるじゃん。

私置いてけぼりやん?

 

たった一人で不安もマックス!

なんで誰も大学からのレスポンスが遅いねって賛同してくれないの?笑

オーストラリアの感覚が理解できない。

 

シドニーの私の周り誰も心配していないのは前回も書いたけど、やっぱり心配なので友人にオリエンテーションの事とか履修登録とか色々何かやることがあるのか聞いたら・・・

 

オリエンテーションは学部生と修士(コースワーク)のためにあるようなものでMphilやPhDはあまり関係ないらしい。そもそもPhD対象とするものがないのでは?という話。

入学式もないし当日にそのまま研究室へ行けばいいのよという話。

 

まあどれも経験者は語る

ってやつで生の声だけども、

そんなノリなの?

本当に??

ARE YOU SURE ??? 

 

私はそれでも不安だよ!

だって入学1週間前にオファーもってないの私だけじゃないの??

もうのんびりにもほどがあるよ。

 

不安に取り付かれ大学のホームページ調べたら、

(以下大学のサイト抜粋)

Applications are open all year round.

Apply well in advance (at least 6 weeks prior to your start date) to allow for a timely response to your application.

If your application cannot be processed in time, it will be considered for the next possible research period.

 

PhDのアプリケーションは自分が開始したい時期の6週間前にはエントリーしないと、希望のタームからは入学できない可能性があるらしい。

 

自分を振り返る。

私は12月に出してる。

希望入学時期の11週間前に出してますよ!

そりゃあ、確かにクリスマス・ニューイヤーズ休暇を挟んでいたけれど、それを差し引いても私は間違ってないよ!

 

そもそも間違っているか間違っていないかではなくインターナショナルがPhDに出願するチャンスが得られただけでも奇跡。それは自分が一番わかっている。うんおとなしく今週までは待とう。

 

今日もこのまま目の前のやるべきことを淡々とこなすしかない。

うん、また作業に戻ろう。

では。