シドニー生活

アラフォーの医療系大学院生がシドニーで研究にトレランに奔走するお話

留学生のリアル食生活(9)

パスタで日々をしのぐ

一番ラクで安くて腹持ちは良いのはやはりパスタ。シドニーではパスタもパスタソースも安い。色々小細工して見た目を何とか整えたりしてもやはり栄養が偏ってしまう事実はある。

簡単なパスタ作り=市販のソースを使う

パスタの市販ソースは便利。にんにくやバジル入りのトマトソースが定番。瓶に入って1.5~3.0ドルくらい?で販売されてます。そのままパスタに絡めたら食べれます。

日曜の朝にパスタ作り

図書館へ行く前に、冷凍の牛ひき肉、人参、市販パスタソースを茹でたパスタとあえたてサクッとパスタを大量に作る。そして昼〜夜にかけて丸一日をパスタでしのぐ。節約にもほどがある。もちろんおやつ忘れずに持参(日本から持参したあられたち、シナモンラテ(軟膏つぼ)、カモミールティー、紅茶、レモンケーキ)。

パスタソースのラベルを見ると「Red Wine & Garic」ってなんかおしゃれそうなこと書いあるけど、なんてことないただのトマトベースのパスタソース!ガーリックも香りも普通!

f:id:pskusg:20180311080101j:plainf:id:pskusg:20180311083014j:plain

f:id:pskusg:20180311080113j:plainf:id:pskusg:20180311080118j:plain

ポイントは、この段階でパスタを作ってる間に、次回分の野菜(ネギ、人参、玉ねぎ)を大量にカットしておく。こうすればラーメン、スープ、野菜いため、何を作るにしても手間が省ける。

f:id:pskusg:20180311080122j:plain

日曜の夜にまたパスタ作り笑

日曜夜に図書館から帰宅し、翌日月曜のお弁当作り。なぜかパスタをまた作ることにした笑。ラクだからラクさに負けた。今回も大量に4食分も。ちなみにこの4皿のうちの写真左上のお皿のパスタは個別に最後仕上げたのでモッツァレラチーズ絡めてあります。この時食べるようにね。

f:id:pskusg:20180312165340j:plain

でもちゃんとね、パスタ作りながら晩酌セットも準備。

左から順に:生ハム(Prosciutto)、オリーブ・チーズ・ドライトマト、きゅうりサラダ、アップルサイザー(お酒)

f:id:pskusg:20180312165328j:plain

今回のパスタソースは友人にもらったもので値段はわかりませんが、安いとは思う。瓶は375MlL。今回の大量パスタを2回分で消費は8~9割くらいです。まだ少し残ってます。2今回は市販ソースをつかったけど、日頃はホールトマト缶0.9ドルを使ってもっと大量のトマトソースの作りおきを私はしています。またどこかでお知らせしたいなと。こんな感じで写真は残してあるけど・・・なかなかブログにアップするに至れず。トマト缶から作るとさらに安くて大量に冷凍パスタトックもできます。

f:id:pskusg:20180210213800j:plain

あと実はシドニーは生ハムやサラミ安いのでそれもお知らせしたいなと。

忙しくなるとColes行く元気も無くなります。そして常備ストックでなんとかやり過ごす。しまいには2日連日全ての食事はパスタみたいなことに・・・。これが現実です。学校始まるとこんな感じね。夏休みのころが懐かしい。昨日も夜10時半まで図書館with Pasta。留学生は読み書きが遅いから何をするにも時間がかかるのです。では。

では。