シドニー生活

アラフォーの医療系大学院留学。2018年現在は修士1年目(MPhil)。海外博士(PhD)への道を綴ります。

1週間ぶりの登校

アラフォーのMPhil活動再開

1週間ぶりの学校です。今日から講義も始まり少し忙しい1日でした。

MYデスクだ!

3週間お世話になった仮のデスクから本デスクへお引越し!私が日本にいる間に、今月PhDを卒業した学生さんがとうとうデスクを片付けてくれたようで、思っていたよりも早く手に入った。これが結構嬉しい!研究室にやって来る人たちに毎回「NEW PLACE!! 」と言われるのでさらにテンションアップ!

f:id:pskusg:20180327183719j:plain

これが私のデスク!日本と比べるとかなり広いよね??

デスクにはマイパソコンとマイ電話。大学から個人直通の電話番号を与えられています。これが博士課程(MPhil&PhD)の学生に与えられている特権!おそるべし!ところでこのマイ電話は鳴ることはあるのか?笑

ただ、わがままを言わせて欲しい。前の学生さんの遺品が色々ありすぎなの。引き出しの中に小物、デスク上には扇風機、ファイル、クッションなどなど。はぁ数ヶ月保存してその後破棄しようかなと。

そして、いざパソコンにログインしようとしたらできない!まだ私のIDがセットアップされてないようで、今日は机を掃除して終了。

仕方がなく持参した自分のパソコンで作業開始。そして気が付いたの、、、私の机の位置はwifiいまいち。スローすぎて耐えられん。よって、引越しは済ませたけど自分のPCを持って元のデスクで仕事再開。そーなるとまた研究室に来る人が「You moved to the old place...」ってことでパソコンのセットアップが未完了&wifiの入りが悪いことを伝えて、この会話だけで時間のロスが半端ない。

Week4から講義へ参戦

今日はWeek4。実はWeek3からMPhilの講義は始まっています。先週は日本なのでガッツリ欠席し、今日がドキドキ初授業。

9:00-11:00 Data manegement2の講義へ出席。講義はMPhilとHonorsが対象。思ったよりも多くて30人くらい。場所はコンピューター室、内容はSPSSのおさらいみたいな感じ。チュートリアル風を予想していたから、一人作業が多いスタイルに一安心。だから思ったよりも苦戦しなかった。これがディスカッションだったら死んでた。

Cold soreに質問!

「What happened to you?」と聞かれても。私はいま口唇ヘルペスが2箇所あります。正確には上唇中央に1つ、上唇右側に2つあります。ヘルペスを3つ持って帰国したらみんな驚くよね。

何が私に起きたかって?私が教えて欲しいくらいじゃ!なんでこんなにも口唇ヘルペスができたのか?それはアラフォーの体が悲鳴をあげたのだと。それくらい今回の一時帰国で必要とするデータ解析を頑張ってました。

Cold soreで盛り上がる!

実は昨夜リップクリーム買いました。抗ウィルス薬ではなくて、ヘルペスの人用の薬用リップクリーム。アメリカ産でお値段は5ドル。

いまの私にcold soreの指摘をするともれなくこのくだらない薬用リップの情報が手に入ります。

f:id:pskusg:20180327160541j:plainf:id:pskusg:20180327160527j:plain

Medicated relife

Hepls relieve discomfort of cold sores, sunburned, dry and chapped lips. May prevent reccurence of cold sores induced by the sun. Apply liberally before sun exposure and after swimming. Reapply as required. For cold sore relief apply every half hours as necessary.   

あくまでも口唇ヘルペスを治すのではなく、「口唇ヘルペスの人の不快感を救ってくれる軟膏ointment」「必要があれば30分おきに塗ってね」だそうです。笑

PadimateO7.5%, Oxybenzone2%, Camphor1%, Ethanol4.85%

そうなの、つまりは日焼け止め入りで紫外線からの刺激を防ぐ、そしてカンフルで爽快感を感じさせるという作戦。口唇ヘルペスはできたら治癒を待つしかない。だからこそカンフルでこのチクチク痛い感じをごまかして爽やかモードに!、、、って言われてもそう簡単にこのヘルペス痛はごまかせないから!と思う今日この頃。とにかく塗りまくったけど効果なし。塗るという行為がプラセボ効果を生み出すのでは?そしてointmentと書いてあるけど、使用感見た目ともにクリームにしか見えない。

それにしても国籍は違えど、同業者がやることは同じ。私が変な商品買ったから、成分を見せてくれって言ってくる。「ステロイドか?」「バラシクロビルか?」みたいな感じ。残念ながら何の特徴もない薬用リップなので特に何も入ってないの。期待に添えなくて申し訳ない。笑「なんだこれ?」って笑話。私のヘルペスを笑いに変えれてよかった。これもサバイバル能力だよね!

では。