シドニー生活

アラフォーの医療系大学院生がシドニーで研究にトレランに奔走するお話

オーストラリアでHealth Examinationを受ける(1)

オーストラリアで学生ビザの延長のためにHealth Examinationを受けることになったのさ!

「おー、まじか」とうとう海外で健康診断を初めて受けることになりましたというお話。もう2週間以上前のこと。時が経つのはなんて早いんだ!結論は、I'm healthy enough.ということでした、合格ね。

1回目は日本

渡豪前、日本から学生ビザを申請した時にHealth Examinationのリクエストがあったので東京で受けました。場所は、

Tokyo Medical and Surgical Clinic

です。オーストラリア公認医師から受けるものなので場所に限りがあり完全予約制。私は関西と関東の可能な病院に全て電話して予約状況そして検診結果を大使館へアップデートに要する時間を聞きました。

すぐに予約ができて、特にアップデートまでの期間が早かったのはこのTokyo Medical and Surgical Clinicさん。対応も丁寧で早いし非常に良い印象を持っています。このクリニックでは保険診療を取り扱っておらず、外国人患者か私のようなビザが必要な人しか来ないので、比較的スムーズに業務が遂行できるのかな?と思った。

他の病院は、一般的な日本人が受診する大きな病院ばかり。所属する多くの医師の中でたった1~2人のドクターが対応可能だったりで、予約日がかなり限られる。そして検診結果のアップデートまでなぜか時間がかかる、これは当時の私には致命的だった。

日本で受けるなら保険外診療をメインに行ってるクリニックでの検診をお勧めします。私が検診を受けた東京のクリニックは中はまじ外国。サインも全て英語、外国人の医師が外国人へ診察をしているようで、観光気分。行くだけで結構楽しめます。せっかくだからこれを経験しない手はない。

2回目はシドニー

渡豪後なので、今回はシドニーで受けました。場所は、

Welcome to Bupa Visa Medical Visa Services

のシドニーCralence St.のところ。

Health Examinationの対象者は?

リクエストが来たら受けることになるだけなので、ビザ申請前の段階で考える必要はない。なぜなら、Health Examinationのリクエストが来る→オンラインで手続きを済ませる→HealthExaminationの予約を開始する。そんな流れだから事前に気にしても仕方がない。

Health Examinationの有効期限

期限は1年らしい。私は2017.1月に東京で受けているので、今年2018年の学生ビザの延長の時はもう期限切れ。

Health Examinationリクエスト確認画面

私はHealth Examinationリクエストに気が付いたのはBridging Visa Bを申請した時。2018.3.8にBridging Visa B申請して翌日3.9にメールが来た。

「あなたの申請中のビザのことで大事な情報がアップデートされています。早急に確認してくれ。」

でも具体的に何の情報についてかは書いてなくて、アカウント内を色々探すと「Actions」の中の「Health Assessment」のところにHealth Examinationのリクエストを見つけました。 ↓

f:id:pskusg:20180330084528p:plain

「Examination required」ってなってる!もしかすると、学生Visa延長の手続きを取った時からリクエスト来ていたのかもしれない?けど、今となっては不明です。でもこの「Actions」のところはチェックした方がいいと思う。

今後はHealth Examinationの手続き、診察予約手順、受診時感想レポート、のような流れで書いていきます。学生ビザの申請に比べたら、申請手続きや予約手順は超シンプルです。ものの数十分で終わります。でもブログに書こうとすると時間がかかる。少しずつ書いていきます。では。

これ↓いつかの写真。大学のキャンパス内で撮ったもの。

f:id:pskusg:20180306155008j:plain

ただの景色じゃないの、良く見て欲しい!ドクターヘリが写り込んでる!大学の横に病院があってそこから飛んで来た。お迎えなのか連れて来たのか不明。これで遭遇できたの2回目、かなりテンションUP!カッコイイなぁ。