シドニー生活

アラフォーの医療系大学院生がシドニーで研究にトレランに奔走するお話

とうとう来た、Oral presentation!!!

決戦は10時

5. Research Project Protocol – Oral presentation (Compulsory to pass)
Description: Oral Presentation of research protocol.
Instructions to student:10 minute presentation using powerpoint slides. Focus is on presenting the research protocol developed during the course. Preliminary data, if available, may also be presented.
Individual or group: Individual
Maximum group size: NA
Peer assessment: No
Submission method: Oral presentation
Referencing: NA
Mark:100
Weighting:15 %
Max. word or time limit: 10 minutes (plus 2 minutes for questions)
Due time: In class
Due date
8 June: Feedback
Grade / Written comments 15 June
Attendance: Please read the Policy module for more information.
Late submissions: Please read the Policy module for more information.
Compulsory to pass: Please read the Policy module for more information.
Additional information: Graded by staff using RESEARCH PROJECT PROTOCOL Oral presentation grading rubric

内容はこれ↑

いまやっている研究のプロトコルのプレゼンです。実際はもう研究はスタートしているけど、スタートしていない前提で未来系で説明していきます。これは将来にもリアルに役立つやつ!ただ問題は時間です。また10分。これが悩ましい。時間が短いので、何をどう端的に伝えるのか、全部を言えないので、オブラートにするところも多い。

今回は前回と比べると緊張は少ない。だって自分の研究内容だからね。

今回の問題はまた質疑応答。ただこれに答えれない場合、うーん、これは非常にまずいことになる。

もう一つの問題は、観客が確実にやってくる!前回とプレゼンの時と部屋が変わりました。かなり部屋が広くなった!でかい!笑 そしてスケジュールには前回と同じく「ALL STAFF」って書いてある!もう以前のように騙されはしないぞ!と思いつつ、、、前回と違って部屋が大きくなったので、観客がやって来ることは安易に想像がつくのよね。何人くるのだろうか。Invitationをもらっている先生のうち何人くるのかしら?と思ったりして。ハァァ、書きながら怖くなる。

今回は前日の日中にスライドが完成したので、少し練習もできた!もうやるしかない。頑張れ私。情熱を出し切るしかない。では。