シドニー生活

アラフォーの医療系大学院生がシドニーで研究にトレランに奔走するお話

シドニーは月曜から雨

シドニーの雨

本当に朝起きた時点で雨だとわかると一気にテンションが下がる。「なんかもう駄目や......」って気分に本気でなるのは私だけでしょうか?日本にいるときも疲れている時は雨ってわかるとこの世の終わりのような気分になってドッと疲れがでたのを思い出す。

景色もこんな感じ↓

f:id:pskusg:20180618082413j:plain

留学中って本当に言葉の壁に悩む毎日なので、何かをするたびにストレスを感じます。誰かに感じるストレスではなくて、自分自身に感じるストレス。専門的なことが深く話せないので相手の話も深く理解できてないとか、読み書きが遅いとか、、、だから天気とか大したことがない問題でも本当にモチベーションに影響します。天気が悪いとなかなか心のペースも掴みにくい。こうしブログを書いている間にもなぜか豪雨になった!雨音がすごいことに.....月曜に続き火曜の朝も雨で心はドーーーンってなる。

昨夜頑張ったのに→何で雨なの→もーいやだ、といった流れ。

昨夜は21:40まで頑張りました。他の研究室の友人と私の2人だけが居残りしてて、夜に途中でtea timeをしたり、励まし合いながキリが良い所まで何とか終わった。友人はsubmitしてたpaperのfeedbackが先週届いて今は手直しをしてる所らしく忙しいが嬉しい喜びのよう。今日には終わらせたいと意気込んでました。あと数ヶ月後にはacceptされるであろう!頑張れ友人よ。とこんな感じで昨夜は終わったのに〜、もう今日も雨からのスタート。

そうそう、ラマダンあけましたね。

ラマダーン - Wikipedia

月曜の午後、隣の研究室の友人が超うれしそうに「たべれるー!」と言って満面の笑みで研究室にやって来た。片手には甘いインスタントコーヒーのスティックとホットサンド!

この学生は先週まではラマダン中につき、朝の5時から夕方の5時までは断食で水分すらも取ることができなかった。だから相当嬉しそう。

「ラマダンはどうだった?」と聞くと「すごく気分がいいよ」「よくなった」と言ってました。もちろん本人には言わなかったけど、ラマダン期間中は「雨の日=休み」みたいな感じで週の半分くらいは大学休んでいた時もあったけど、、、笑 仕事の効率落ちてそうに見えたのは私だけでしょうか?とツッコミをいれたくなりましたが「ラマダンあけたね、よかったね」って伝えておきました。

確かに頑張ったあとは気分がよくなるよね。ランニングも仕事もそうだけど、嫌だな〜大変だな〜ということをあえて頑張るとそのあとはすごく気分がいい。

本人はご機嫌すぎて(ラマダン明けは月曜が初登校)「今日は研究室にスイーツがあるから遊びに来い」って2回もメールがきた。行くと3種類の一口サイズのお菓子がありました。どれも美味しくいただいたのだけど、どれが一番好きか聞いたら「デイツのお菓子」と言われ「デイツ?」ってなった。「フルーツだよ!」って本人いうけど私は知らなくて。その場で調べだらナツメヤシの果実らしく。。。UAEのあたりでよく食べられているらしい。とりあえず、アラフォーになってdates(デイツ)デビューしました。

ナツメヤシ - Wikipedia

MPhilに来てから異国のデザートに詳しくなってきた。嬉しい誤算です。では。