シドニー生活

アラフォーの医療系大学院生がシドニーで研究にトレランに奔走するお話

大人が張り切るって素敵の結果

大人が張り切った結果

pskusg.hatenablog.com

プレゼンに緊張しているR先生の続き。

プレゼンは木曜で、実はその翌日の金曜にR先生、スーパーバイザー、学生1人、3月に卒業生したRちゃん、私の5人でランチをしました。そして2時からのFriday Semiarはサボりましたとさ。笑 ランチの目的はRちゃんがPhDの学位を木曜に取得したためそのお祝い。取得したので翌日にスーパーバイザーのところへ挨拶に来てました。

R先生が席を外している時にスーパーバイザーが「実はな、Rにとっても昨日(木曜)はBig dayだったんだ、まぁ最高のアウトカムではないけど、すごくRは健闘したんだ!だから2つのお祝いの意味があるんだよ」とランチの目的に少し触れました。私はC先生からプレゼンの話を少し聞いてたので、なんとなくファイナリスト4名に選ばれたけど勝てなかったんだなと察しておりました。

そうですR先生の大仕事、頑張ったけど勝利はできず。

プレゼンの中身が判明

火曜にFacultyからきてたメールで、この大会の内容が具体的に判明しました。と同時に、私は少し嬉しかった。あの日のC先生の英語を正しく解釈できてたことが確認できたから。

And the winner is...

Congratulations to Associate Professor W and K from the University of ○○ for winning The Big Idea💡2018. And congratulations also to Associate Professor R先生 who was one of the finalists in a very competitive field.
W and his team are working on aerosol technology for pulmonary delivery of 'nanoscale messengers' in the form of extracellular vesicles (EV) to promote and accelerate functional tissue repair in degenerative lung diseases.
Their presentation, titled ‘AeroEV the Eagle: Aerosolised EVs' as next generation therapeutics’ won a $45,000 grant to help develop and commercialise their idea.
 

Big ideaという大会で優勝したのは、W先生とK先生チームでした。この2人も同じ大学のFaculty。基礎研究で世界的に有名なことは周りから何度か耳にしたことがあります。私は基礎研究とは無縁なのでもうタイトルだけでゾゾゾとするけどこれが今回の優勝内容。aerosol technology for pulmonary delivery of 'nanoscale messengers' in the form of extracellular vesicles (EV) to promote and accelerate functional tissue repair in degenerative lung diseases. ざっと説明するとエアロゾルの開発。喘息や肺気腫の人が吸入薬使用しているところ見たことありますよね?あの中身の薬の剤形って超小さいのだけど、その薬剤がちゃんと目的地まで届きますよーにー!みたいな解釈がざっくりした感じ。そうそう、C先生が言ってたように45000ドルの賞金獲得!おめでとう!嬉しいよね。

そしてメールの中にちらっと書いてあるのがR先生のこと。And congratulations also to Associate Professor R先生 who was one of the finalists in a very competitive fieldこの競争が激しい大会のファイナリストとしてR先生も残ったんだよ、おめでとう!ってね。うんうん、R先生おめでとうございました。

クラスメイト

クラスメイトがとんでもない奨学金を勝ち取った。ローカルの学生なんだけど、めちゃ大きいやつ。これに選ばれるなんて、、、すごい。彼女の個人情報丸出しになりそうだから書けないけど、、、この記事もFacultyのメールに載ってて、、、やばい。もうなんか私みたいなのが一緒にコースにいても良いのだろうか。私がここにいること自体が場違いな気がして本当に自分が嫌になる。アフフォーでこんなでいいのかな。すごく不安。苦しい。

研究の内容はこんなの↓

Evaluation of electronic medication management system in ICU

Young Researcher Award: Outstanding performance as an Early Career Researcher (up to five years post PhD).

 

あー、苦しいよぉ。苦しい。とりあえずランニングするしかない。はぁ。自分のポンコツ具合が情けないよ。もうやばいな。では。