シドニー生活

アラフォーの医療系大学院生がシドニーで研究にトレランに奔走するお話

美人の新入生がきたー

お隣のデスクに新入生現る

MPhil1年生のLが来たー!ローカルの学生。 

Lは登校するなり相当複雑な心境だったと思う。いや多分心の中はかなり怒りモードだったと思う。でもとりあえず冷静なふりをしていた。大人です。

だってこれ↓

f:id:pskusg:20180710151748j:plain

このあたかも昨日まで誰かが使っていたかのようなオーラ。ここがLの席になる予定です。でもね、Lのデスクにはいまだに1年前に卒業した学生Mの荷物がそのまま残っている笑。これ全部Mの荷物。この片付けていないレベルが半端ない。数日前までここに絶対いたよねって思うレベル。イヤホンが付けっ放し、充電さしっぱなし、いつ飲んだのかからないコップまで放置。片付けるように言われても自分の席をどうしても譲りたくない、確保したいこの根性、私には到底理解できない。

f:id:pskusg:20180710151748j:plain

Lは4日前の金曜のLevel5Partyに来てて、その時にすごく心配してた。L「このデスクが問題だわ。片付くのかしら。」

予想的中だね。私は絶対にMはやらないと思ってたけど、本当にMは放置のまま。ちなみにこのデスクの持ち主Mは1年前に卒業してるが、2日前の日曜夜のパーティーには来てたのよ。私はMとは挨拶を2度ほどしか交わしただけであまり彼女を知らないけれど、忙しい忙しいと言いつつパーティーは来て、次にくる新入生のことも無視してデスクを陣取ったまま1年、それって人として、どうなのかしら。。。話すと普通なんだけど、やっていることは失礼すぎる。

でも、4ヶ月前に入学した私も、1年弱前に卒業したMくんがデスクを占拠してて、1ヶ月使えず、荷物を移動してもらえるのを待ったのさ。はぁ。日本じゃ考えられないよね。もう学校来てないんだからさ、なぜ片付けないのさ、と思うわけ。入学当時の私は忙しくて、そんなに気にしてなかったのだけど、いざ同じ状況を目の当たりにするとLがかわいそう。何にも悪くないのに、希望に充ちてドキドキしてやって登校初日がこれだとなんか残念な気分に誰でもなる。

スーパーバイザーとLは打ち合わせですぐにカフェへお出かけ、めでたしめでたし!と思いきや!めでたしではなかったみたい。打ち合わせで何かLが不満でも伝えたのか戻ると同時に、ICTスタッフが部屋へ来て、デスクのパソコンのアカウントを設定してました。

私は「え??」ってなる。だって私の時はアカウントの設定はリモートだったし、数週間待ったような記憶が?あるのですけど?ICTスタッフ「プリンターもセット済みだから」って、、、ものの数分でLはカタカタとパソコンを触り始め、数分して使用できるのを確認できると「今日はごめんね、初日なんだけど先に帰るね」って。

 まさかICTは直々に初日にきて設定するとは!驚き!でもさ、でもさ、スーパーバイザーがICTに早急にセッティングをお願いしたのは明らかなのだけど。そもそもね、このLの待遇が私より良いとか悪いとかそんな次元のことではなく、Mのこのふざけた怠けた態度がどれだけ周りのみんなを不幸にしていることか!(怒)この事実に腹がたつのです。はぁ。

f:id:pskusg:20180710151748j:plain

Lが帰った後に、Facultyのスタッフが飛んで来た。Lの席をセッティングするってさ。でMの荷物はこれ全部だと説明すると、スタッフもドン引き!「Mって今も大学来ることある?」と聞かれて正直に「来てない」と伝えておいた。そしてMのことを一応フォローもしたよ「Mはかなり忙しいみたい」とね。いくら忙しくても1年は放置しちゃだめだよね。

 

最後に私の話。 

私の状況は、あー、口にするのもいやだ。怖い。夕方にスーパーバイザーの空いた時間で論文のディスカッションパートの打ち合わせ。怖いくらい論文ができてない。解析に時間がかかってしまい、今月の中旬にはドラフトを書き上げているはずが、、、resultとdiscussionが書き終わってない。まだこれからResult, Discussionパートに入るところ。チーーーン。情けない。自分で決めた期限なんだけど守れないと悲しいね。9月のanual reviewの時には「paper1出した」と言いたいのに。もーーーーーーー。もーーー、”ジャンプアップへの道”が遠のいている〜。というか、ジャンプアップなんて可能なんだろうか?とまた思ってみたり。心が不安につき、ブレてます。

ではでは。