シドニー生活

アラフォーの医療系大学院生がシドニーで研究にトレランに奔走するお話

旅5-ダブリン人気朝食と観光

ダブリン2日目-ダブリン最初の朝ごはんと観光

ホテル朝食付↓

f:id:pskusg:20180829090047j:plain

こんなフィックスされたスタイルだった。それが嬉しい。外のお店で毎朝食をとり、これらのホテル朝食は日中のおやつへ回す作戦。全部が個装されているし日持ちする品物ばかり!

検索でダントツ人気の朝食はここ

f:id:pskusg:20180829093208j:plain

べニールbeanhive、ホテルから徒歩5分。

f:id:pskusg:20180829094113j:plain

Irish Breakfast!!

パンは黒白選べてしかも4枚も。パンの下に隠れているのは厚切りベーコン2枚、焼きトマト。ここの人気も納得!

f:id:pskusg:20180829093354j:plain

ダブリン最初のラテアートはシャムロックだった!クローバー可愛すぎ。

この段階でまだランニングウェアにUniパーカーだったけど、ポケットに少しのキャッシュと携帯だけで手ぶら観光を開始。

f:id:pskusg:20180829104936j:plain

The Gaiety Theatre前にはお決まりのこれ。知っている役者さんはいなかった。。。

f:id:pskusg:20180829102318j:plain

Home | Stephens Green Shopping Centre |ショッピングセンターをぶらついて、Flying Tigerにも立ち寄る。

f:id:pskusg:20180829105556j:plain

そしてHeritage Ireland: St Stephens Green公園を散歩して

f:id:pskusg:20180829105933j:plainf:id:pskusg:20180829105239j:plain

ホテルへ戻ろうと歩いていると、ミュージアムを発見。

National Museum of Ireland | Free Exhibitions周りの観光客に紛れて私も入館。ここ無料です。

f:id:pskusg:20180829111137j:plainf:id:pskusg:20180829111946j:plain

写真通り、たった1フロア1ルームしかない!でも中身が濃い笑。全部はく製。

f:id:pskusg:20180829111845j:plainf:id:pskusg:20180829112055j:plainf:id:pskusg:20180829112247j:plain

Irelandの昆虫やダニや蝶。

f:id:pskusg:20180829111735j:plainf:id:pskusg:20180829111533j:plainf:id:pskusg:20180829111318j:plainf:id:pskusg:20180829112329j:plain

他にも鳥、オットセイ、魚、ヒトデ、とにかく生物全てって感じ。載せきれない。

f:id:pskusg:20180829111337j:plain

この鹿、大きすぎ!恐竜レベル。

ここは本当にオススメの観光スポット!私、次回も機会があれば来たいです。はく製がリアル過ぎる。

f:id:pskusg:20180829113102j:plain

そしてホテルへ向けて歩いているとまた観光客が建物に吸い込まれて行く。

そう、お隣にはHome | National Gallery of Irelandナショナルギャラリー!これも無料。

f:id:pskusg:20180829114635j:plainf:id:pskusg:20180829113350j:plain

アイルランドにいる生物のはく製を見た後は、突然の絵画鑑賞。

ここまで地図なし、もちろんガイド本は買ってないので持ってない。勢いで観光地を制覇。そしてどれも無料。

f:id:pskusg:20180829115359j:plain

絵画鑑賞の後にとうとう帰路へつく。

f:id:pskusg:20180829111020j:plain

帰り道にみるこの何気ない景色も最高。

ダブリンの建物は外観はシドニーと一緒。扉がカラフルなのが特徴です。

f:id:pskusg:20180829115925j:plain

これはホテルのコーヒースペース。ついたら無料コーヒーを片手に部屋へ戻りシャワー浴びて休息。そして次なる観光予定のギネスの予約をする。

では〜