シドニー生活

アラフォーの医療系大学院生がシドニーで研究にトレランに奔走するお話

旅6-GUINNESSを学ぶ

2日目午後!GUINNESS へ向かう

朝ランと午前の観光を終えてホテルで急速。シャワー浴びてグダーッて伸びる。ここでオンラインでGuinness Storehouseを検索すると、

f:id:pskusg:20180831161508p:plain
Online予約だと並ばずに入れること、StudentDiscountがあることを知る!時間もあったのでこの時の最短である14時枠を予約してホテルを13時に出発。もちろんホテルのラテを片手に出発!1日何度もコーヒーが飲めるのはありがたい。

f:id:pskusg:20180829133331j:plain

数時間前の早朝ランとはまた違う景色!青空が綺麗。

f:id:pskusg:20180829131701j:plain

朝は人がいなかったけど午後になるとTempleAreaには人がたくさん。

f:id:pskusg:20180829132242j:plain

他の観光客がここぞと入って行くので私も紛れて入る。

Home | Aunty Nellie's Sweet Shop

f:id:pskusg:20180829132315j:plain

このTheTempleBarのデザインの缶が可愛かったので、缶目当にキャラメルを購入。

f:id:pskusg:20180829132608j:plain

朝ランをした時とは光景が違うので本当に歩くと2倍の楽しみ。同じエリアとは思えない。

2日目午後GUINNESSへ到着

本当に不親切な街。全然看板が少ない!

とはいえ到着。

f:id:pskusg:20180829165138j:plain

門がお出迎え!これがあの GUINNESS!!!!!!

入口は入場券を求める人で列ができてました。

f:id:pskusg:20180829140533j:plain

私はオンライン購入済なので券売機で発券して余裕の入場。

そしてノリノリのままGUINNESS入口の写真スポットでパシャり。

アラフォーですが女子大生です。

f:id:pskusg:20180829141506j:plainf:id:pskusg:20180829142008j:plain

創業者のことや、GUINNESSの秘密が学べます。これがかなり勉強になる。本当に楽してワクワクした。一部だけ解説しますね。全部だと情報莫大になっちゃう。

(私の英語の解釈が間違っている可能性があるので、参考程度によろしくお願いします)

f:id:pskusg:20180829143106j:plain

これはプロセスとまとめ表。この行程を詳細に学べます。

f:id:pskusg:20180829152702j:plainf:id:pskusg:20180829152652j:plain

これがGUINNESSのモチーフとなった本物のハープ。

創業者は100ポンドを遺産として引き継いでそのうちの45ポンドをこの会社に投資したそうです。今ではアイルランド一番の会社に成長!

それにしても45ポンドが当時では大金だったこの事実、ちょっと驚き。お金はやっぱり紙切れでしかないよね。価値は時代によって変わるのだから、自己投資は大切。

f:id:pskusg:20180829151914j:plainf:id:pskusg:20180829144457j:plain

ギネスは毎朝10時に専門のスタッフによりテイスティングして品質維持してます。10時はGUINNESStimeです。

f:id:pskusg:20180829151914j:plain

これはTastingのツアーに参加した時のもの(無料のアトラクション)。小さなギネスグラスにビールをもらい、どのようにチームがテイスティングしているのか学べます。実際の解説者は本物のスタッフなので説得力あるけど、テンションが低いのが気になった。

f:id:pskusg:20180829143352j:plain

GUINNESS飲んだことある人は知ってるけど、GUINNESSは泡がクリーミーなのも特徴の1つ。1パイント(1杯)のビールには3000万の泡が含まれているそうです。

うぎゃー

相当な数の気泡。

しかもこの手法に大きく貢献したのがケンブリッジを卒業した数学者。ギネス以前はビールに炭酸を使った泡が主流だったそうで、窒素を混ぜる技術が当時はなかったらしい。それがこの数学者がなんとギネスに就職し研究して窒素を使用することに成功したそうな!えーすごい。

f:id:pskusg:20180829154030j:plain

ここも素敵でした。過去のGUINNESSのCMが上映されてます。椅子がなくて床に座って鑑賞。かなりアンティークな古いものだけが何本も上映されてた。

f:id:pskusg:20180829155321j:plainf:id:pskusg:20180829155441j:plain

かなり情報を割愛しましたが、

これがGUNNESS館最後の目玉!無料のGUINNESSタイム!

一人一パイントのビールが飲める。

f:id:pskusg:20180829155307j:plain

飲める場所は2種類。GUINNESS AcademyかSkyLoungeの2択。

アカデミーはギネスの注ぎ方などを学べるそうですが、私はビューを見ながら1杯いただくことに。

f:id:pskusg:20180829161121j:plain

この人だかり!すごいね!ここは360度パノラマビュー。ダブリンが一望できます。ダブリンは高層ビルがないので見晴らしが最高でした。そしてこの日は青空全開だったので本当にラッキーでした。

写真見ての通り、アジア人はおそらく私一人。ヨーロッパ人の観光客が多数。

2日目-夜ご飯

ダブリンって物価安い。シドニーに慣れているので、何を頼んでもお得な気分になる。

f:id:pskusg:20180830162149j:plain

夜はお肉Home - O'Neills Bar

f:id:pskusg:20180829173808j:plain

メインは選んで、付け合わせは選ばせてもらえました。シチューの上にパイが乗ったもの。ブロッコリーと店員さんおすすめのポテトとオニオンです。確か€13くらい。

お供のアイリッシュアップルサイザー

f:id:pskusg:20180831170553p:plain

これがこの旅1杯目のアップルサイダー!

うーん、やっぱりシドニーのとは全然違う!後味がとにかく香ります。しかも癖が強いの!何倍も飲めない感じです笑

 

この2日目の夜に事件は起きた!

なんだか疲れたので一旦ホテルへ帰宅。そして夕方6時から寝てもうた!

起きたら夜中12時!

まじ!

えーー

もう1件BARに行こうと計画してたのだけど。そしてそこから4時過ぎまでは全く眠れず。完全に時差ボケです。

f:id:pskusg:20180830013452j:plain

夜食はギネスポテトチップ。なんだか楽しい。

この夜更かしタイムに色々と検索できてそれはそれで有意義な時間になった。

1時間程度の仮眠の末、翌朝はまたランニング へ!3日目の朝のランがとんでもないことに。

では〜

そうそう、最後に、 

f:id:pskusg:20180829093701j:plain

カプチーノを普通にオーダーしたらこんなのがきた!

ダブリン名物ブルーバス!

f:id:pskusg:20180831172956p:plain

f:id:pskusg:20180831172958p:plain

周りは普通にアートなしだったので、早朝とかたまたま空いている時とかにいくとこんな感じなのかな?ラッキーなサービスでした!