シドニー生活

アラフォーの医療系大学院生がシドニーで研究にトレランに奔走するお話

HDRの雑務

HDR profileの更新 

Facultyからメールを受け取ったのは1月16日。「去年2018年のMphilの時もこんな雑務あったなぁ」と思わせたメールがこれ↓

Dear ---,

As a Higher Degree Research (HDR) student of the University of --, we invite you to request your HDR student profile which will appear on the University's webpage.

This profile will assist you in growing your professional research standing as you will be searchable on the University's website promoting collaboration between you and your peers. You will also receive a personal URL which can be included on business cards and social media.

Your HDR Profile will include the following information:

  • Full-name and Title
  • Supervisor Details
  • Email
  • Publications and Grants
  • Thesis Title and Thesis Abstract

If you need to make further updates to your Thesis Title and Abstract, please do so via -- Student. Information on how to update your Thesis Title and Thesis Abstract is available here 

 In order to complete the request, you need to log into the Research Portfolio Manager (RPM) using your UniKey and password, read and provide 'consent' to activate. You are able to withdraw your consent at any time.

To request your profile, please click http//--

The Research Portfolio will then need to check your publications and grants. The verification process may take a week in most cases. Once this verification has been completed, your profile will be displayed on the University website.

A few things to remember for the future:

  • You are able to update your personal information for a HDR Student profile by logging in to -- Student using your UniKey (go to 'My details', then 'Personal details').
  • If you would like to remove your profile, log into RPM using your UniKey and password. Select the 'Higher Degree Research Student' tab and select 'I do not consent'. Your profile will be removed within 24 hours
  • If you would like to reactivate your profile after removal, log into RPM using your UniKey and password. Select 'Higher Degree Research Student' tab and select 'I consent'.
  • If your publication and or grant data is incorrectly displayed (or missing) on your HDR profile, please contact  --@--.edu,au to have your publication and/or grant data updated. Once the Research Portfolio office has updated your publication and/or grant data within their system, this will display on your profile within 24 hours.
  • For more information as to how to maintain your profile please click here. 

Thank you for participating in this exciting HDR initiative.

Yours sincerely,

Professor --
Chair, Senior Executive Group - Research and Training Committee
Deputy Vice-Chancellor (Education)

去年はこれをおおごとな雑務と思っていたけど、結局のところは「変更点があればちゃんと更新しておけ」という大学からの依頼で、手続きもオンラインでできてものの数分で出来る作業。自分の詳細を確認しアグリーをするだけ。というのも、入学時に申請してある内容がオンラインにすでに反映されているので一から入力する必要はない。メールの中にも触れているけどgrantやpublicationってHDR・大学スタッフにとって業績なので、ここに誤りがないか・最新のものがアップデートされているかは注意しないといけない。

そして、よくよく考えるとこれって日本とは大きく異なるシステム!

シドニーでは大学のスタッフの名前、連絡先、業績すべてが公式に大学のウェブサイトに載せてある。

MPhil/PhDも同じく名前、指導教官、研究テーマとその概要、業績(論文・学会発表・グラント・奨学金)、連絡先が公式に大学のウェブサイトにアップされている。

2017年にMasterを同じ大学で取得したけどcourse workの学生だったのでそのときは名前が大学のホームページに掲載されることはなかった。ここが`同じMaster degreeでもcourse workとresearch workの違いを表しているのかなと。いま偉そうにこんなこと書いているけど、私は留学当初2017年はMphilの存在を知らなくて笑、Master取得してチャンスさえあればPhDに進学できると思ってました笑。実際に留学してみないと日本のシステムとの違いに気づくことすら出来なかった。というか違いにも気づかないままマスター取得してそのまま日本に帰国する人も多いのでは?当時の私のように調べまくったつもりでも留学前に知らないことは多いので、これからもこんな気づきをブログに書き残していこうかなと思います。

で、私の昨年の業績はconference presentation1回←これだけなんだな!研究者の業績としてはプライオリティー高くないのだけど笑。2019年こそgrant・publicationを何か欲しいところ!

ちなみに2018年MPhilの時に書いた記事がこれ↓ 

pskusg.hatenablog.com

HDR acheivement 2018の報告

今年でHDRとして2年目に突入する私、新たな雑務に出会った。1月にメールをfacultyからもらったよ↓

Hi All

We’re collecting research achievements on --- HDR students for a report, and would appreciate if you could share with us any of the following achievements that happened in 2018:

  • Research output: conference presentations, prizes, grants, scholarships
  • Media releases, news items
  • Experience in exchange programs
  • Participation in community events
  • Other HDR achievements

Please let us know by next Wednesday 20th February.

Thanks and cheers,

---

メールをもらった時の私の感想「何故アナログですか?」と笑。

10年以上ぶりに大学生に戻りシドニーへ来ていちばん驚いたこと、それはICT化が進んでいる!かなりね!書類が配られることはなくペーパーレスが基本、手続きで事務員と窓口で話す機会は滅多にない!

なのにいきなり、アナログに感じるこの作業。。。

というのも、上記のメールはFacultyのHDRに一斉送信されている。HDRは一体何人いるのだろうか?各自(50-60人近くのHDR)が担当者にメールで一斉に業績を報告したらこれってメールでのやりとりとはいえ、担当者の雑務が増えるよねだけよね?uni webで更新させれば簡単に情報を収集できるのに、あれ?シドニーらしくないなとか思ってしまう。

あー、アナログ!

とはいえ、初めて業績を確認された!このメールが2年目に突入しているという証であり、自分がサバイバルできていることの証でもある。単純に嬉しい。

もちろん業績を報告。study2つ、ethical approval 2本、国際学会poster presentation1回。あー、本当はgrantとpublicationが書きたいのよね。今年こそは取ってやる!と思うのであった。。。

そして担当者から返事が来た←予想外

Hi --

Thanks very much and kudos for all the hard work!

Cheers,

S

KUDOS←?

おーい、返事来たのに英語が分からん笑。こんな短いメールも読めんようで、来年の業績上げれるのか?

kudo=(功績などに対する)賛辞

らしいです。

はい、また勉強しましたよ。

では。