シドニー生活

アラフォーの医療系大学院生がシドニーで研究にトレランに奔走するお話

シドニーからトロムソへ出かける

旅記録を更新

今回はコペンハーゲンで開催されるノルディックの学会でワークショップを開催する目的で旅にでる。その前にノルウェー北部のトロムソという街で5泊する予定。

シドニーを6/5水曜午後に出発し、まずはシンガポールを目指す

f:id:pskusg:20190607223117p:plain

f:id:pskusg:20190603085111p:plain

次はシンガポールからスイスのチューリッヒへ

f:id:pskusg:20190607222745p:plain

f:id:pskusg:20190603085017p:plain

次は、チューリッヒからデンマークのコペンハーゲンへ

f:id:pskusg:20190607222748p:plain

f:id:pskusg:20190603085017p:plain

次は、コペンハーゲンからノルウェーのオスロへ

f:id:pskusg:20190607222751p:plain

f:id:pskusg:20190603085046p:plain

次はオスロからトロムソへ

f:id:pskusg:20190607222754p:plain

f:id:pskusg:20190603085046p:plain

なんと、シドニーを出てからノルウェー北部のトロムソへ到着したのは

31時間後!

こんなロングジャーニーはもう最初で最後かもしれない。

f:id:pskusg:20190607224015p:plain

トロムソってどこだよ?って話。

うん、私も、11ヶ月前まではノルウェーがこんなにも細長い形をしていることも、北欧3カ国の位置関係も、ましてやトロムソという街の存在も全然知りませんでした笑

そしてトロムソを知ってから10ヶ月経ったちょうど1ヶ月前、突然K先生に招待されて、トロムソを訪問することになった。

もう人生何が起きるかわかりません。こうして不安定かつ茨の道を歩んでいると自分が想像もしてなかったことが起こります。

 

せっかくなのでもう少しトロムソの説明をするよ。

ノルウェーって結構、島がいっぱい。ノルウェー北部を拡大するとこんな感じ↓

f:id:pskusg:20190607232706p:plain

その中の1つの島にトロムソをいう街があります。

f:id:pskusg:20190607232709p:plain

島は細長く、長い部分でおおよそ20kmほどしかない。

f:id:pskusg:20190607224015p:plain

なんて遠いんだ。

f:id:pskusg:20190607233611p:plain

ちなみにすぐ上は北極!

だから季節になると、毎日のようにオーロラがみれるらしい。街から車で移動しなくても普通に生活してるとそこにはオーロラがあるらしいです。今回は冬ではなく夏少し手前のシーズンに訪問しているので残念なことにオーロラはみれないけど、白夜なのでミッドナイトサンがみれます!幸

 

ということで、シドニーから31時間かけてノルウェーのトロムソへやってきました。今回たくさん飛行機乗り継いで感じたことがあるので書き残しておきます。

子供のからずっと世界って広いものだと思ってました。アラフォーになっても世界って広いなー大きいなーって思っていてそれを考えるだけでもいまだにわくわくして生きています。でも今回ふと感じたのは、世界は広いけど、もしかしたら自分が思っているほど世界は大きくはないのかもしれないということ。だって、こうして飛行機を何回も乗り継げば、地球の裏側にだってくることができるのだから。幼かった頃とは違い、今は交通網が発達し、世界はもっとコンパクトになったのかもしれない。 

人生は短いし、世の中は不公正だと感じることだらけ。

だからこそ精進します。

では。