シドニー生活

アラフォーの医療系大学院生がシドニーで研究にトレランに奔走するお話

ノルディックのカンファレンスに参加 と お城ラン

カンファレンス1日目 夜

1日目が終わり、CopenhagenからHillerodの街へ移動。

今回宿泊したのはPharmaconという場所、デンマークのCollege of Pharmacy Practiceの建物。薬剤師会の寄付で作られたもので、ここはデンマーク国内のカンファレンスや研修に使用している、会議場・宿泊施設・食事すべてが一体化している施設。ここの自慢は本格的なKitchenがあり、美味しい料理が食べられるとのこと。

ツインを今回は一人で使用。価格はお手頃とはいえない、日本円で約14000円/泊・・・。でもこれしか選択肢がないので、参加者はみなここに泊まるシステム!

f:id:pskusg:20190612210627j:plain

入り口を入ると驚き。部屋が想像以上に広かった。

f:id:pskusg:20190612210539j:plain

窓も2つ。

f:id:pskusg:20190612210935j:plain

デスクも2つ。

f:id:pskusg:20190612210430j:plain

バスルーム綺麗。

f:id:pskusg:20190613051130j:plain

クローゼットも2つ。

普通のツインルームってベットだけが2つ。ここはデスクもクローゼットも2つあるのが特徴。

1日目夜はお酒も少し入ってクタクタ。靴と服を全てハングアップしてこの日は終わり。

カンファレンス2日目

朝7時に朝食。朝食はヘルシーなビュッフェ。野菜とフルーツでフレッシュジュースを自分で作ったり、チーズ・サーモン・ハム・8種類のパンなど。噂通りに食事はヘルシーかつ美味しい。

08:45-09:00 Welcome to Pharmakon
09:10-12:00 Plenary session and panel discussion
12:15-13:00 Lunch

ランチは10分で済ませ13時からは私がファシリテーターを務めるワークショップへいざ!
13:00-14:30 Workshop

f:id:pskusg:20190613130727j:plain

まずは、ノルウェーのK先生が15分くらいガイダンスを行う。

本当はここでプレゼンをさせてもらう予定だったけど、直前でK先生が一人で全て説明することになった。私の英語プレゼンデビューは延期。

ガイダンスが終わると、参加者は3グループに分かれてディスカッションを開始する。各グループには3人ファシリテーターがいます、ワークショップのオーガナイザーのK先生、PhD2名(私を含む)。

厳密には3グループはさらに2グループへ分割し、合計6グループ(1グループあたり5,6人)。つまり私は2グループのファシリテーターとして働きました。

f:id:pskusg:20190613140358j:plain

初めて英語でファシリテーターとして仕事をしました。具体的な仕事としては、ディスカッションをとりまとめたり誘導したりします。ネタが尽きていたらこっちから質問を投げかけて盛り上げたりといった感じ。

能力の限界を感じました。なかなか自分が事前に作ってきた台本の通りにはできず、やっぱり英語って難しい・・・これが結論です。

f:id:pskusg:20190613140356j:plain

今回初めての英語の仕事でしたが、かなり度胸がつきました。初めての仕事が大物相手でしたから笑←今回の学会は今まで参加した中で一番コンパクトで総勢100ちょいくらいが参加、かつ、その多くは役員クラスでした←これは想定範囲外でした。

f:id:pskusg:20190613140358j:plain

写真みてわかる通りみんな態度でかい!笑 ワークショップ参加者とは思えん態度のでかさなのよ!ふんぞり返って座るからね。ふんぞり返った状態でみんなディスカッションしてる。なんだか目つきも怖い!

それもそのはず、彼ら、組織の役員クラスまたはノルディックエリアの大学教授だったの。この写真の8人のうち7人がそんな感じ。

はぁ。

自分がレビュー受けているかと思うくらいの感じ。威圧感すごすぎて流石に1回目はびびったよ。言葉がでなくて無言でなんどか固まってしまった。ちなみにディスカッションは15分×3セット実施して、残りの2回は自分でも驚くくらい落ち着いてできたと思う。

度胸って大切!

今回身を以て学んだよ。

海外でやっていくというのはこういう事なんだと。シドニーの大学にいる時もインターナショナルだからアウェー感感じていたけど、いまならそんなの全然アウェーじゃないと言える。

15:00–15:30 Coffee break

f:id:pskusg:20190613073858j:plain

ワークショップが無事に終わり、コーヒーブレイクでチョコレートケーキを2種類ともに完食。仕事後の糖質はたまらん。

f:id:pskusg:20190613073849j:plain

ここがコーヒーブレイクで使用されたスペース。学会中は1日2回、10時時半ごろと15時ごろとここでコーヒーブレイク。その都度、ケーキ・ゼリー・クッキーなどが準備されています。

f:id:pskusg:20190613073722j:plain

そしてここはガーデンに直結していて、ほとんどの人が外でコーヒーブレイクを取ります。聞いたところ、北欧の人は冬が長いからサマーはひたすら日光を浴びたいらしい。ちなみに、コーヒーブレイクに関係なくこのスペースではコーヒー紅茶は1日中飲み放題。なんともお得感あり。

そして北欧ならでは?こんなお茶もありました。

f:id:pskusg:20190621092251j:plain

グリーンルバーブ。

15:30-17:00 Workshop

自分のワークショップを終えたら次は別のワークショップに参加予定だったけど、同僚もスーパーバイザーもスキップすると言っていたので、私もなぜかサボりました笑。そして部屋で30分ほど寝ました。

17:00-17:30 Poster session
17:30-18:30 Inspirational talks

インスピレーショナルトークというのは、自分のリサーチについて2枚のスライドを使って5分で説明するという大会。主にPhDの学生が参加していました。一人、エストニアからきたPhDの学生がガチガチに緊張して言葉がでてこなくなり、開始30秒くらいで辞退するという事態に。最終プレゼンターとして彼女は再チャレンジし、無事にやり遂げていました。それみてホッとした。私も緊張するタイプなので彼女の気持ちは超わかります。安心したのが、この子のように緊張したりする可愛らしい女性の存在がなにより嬉しかった。この学会は女性が多くて、みな態度が大きくて、自信に満ち溢れているのよ!同僚が上層部みて「もうあいつら男や」といってました笑。見た目は完全に女性なんだけど威圧感がそれくらいに強いのよ笑。

ちなみに、この2種目については、最終日にポスターとインスピレーショナルトークそれぞれ優秀賞が発表されます。

19:30 Conference dinner 

続いてディナーの時間。海外のスタイルはこれ統一なのかな?ディナーの時はみんなドレスに着替える!

f:id:pskusg:20190613204544j:plain

そして今回驚いたのは北欧スタイルのディナー。歌の時間がある!ディナーの合間に歌詞をスクリーンに出してみんなで歌う。合唱というよりかは大合唱!

f:id:pskusg:20190613204550j:plain

スエーデンの歌、デンマークの歌、北アイルランドの歌(←ここ北欧じゃないけど?)など合計4曲。

ここでも料理の質は高い。お肉、野菜、パン。写真はないけどね、、、美味しかった。

私のテーブルは9人席。フィンランドから3人、エストニアから3人、シドニーから3人。いつもなら英語でディナーは嫌いだけど、ご飯も美味しかったから、なんとか頑張れました。

そして2次会会場は・・・

f:id:pskusg:20190613073849j:plain

ここ!またコーヒーラウンジかよ!日中と同じじゃん!だって学会会場と宿泊施設が併設されたこの施設、付近にお店0だから。

f:id:pskusg:20190613213635j:plain

肝心なドリンクは、レセプションで各自購入。みんなビールにしていたけど私はこのローカルサイダー(アルコールです)!おごってもらったので値段は不明。私は眠くて、10時半ごろ早々に部屋へ退散。そのまま就寝。

カンファレンス3日目

仕事が終わったし朝からお気楽モード!

f:id:pskusg:20190614061446j:plain

宿泊先の人からオススメされたお城ラン。マップはフロントでもらいました。

f:id:pskusg:20190614061649j:plain

コペンハーゲンはただいま夏、日の入り4時半。だから朝の6時でこんなにも明るい。

f:id:pskusg:20190614061756j:plain

ランナーは少し、ほぼ貸切状態。

f:id:pskusg:20190614062931j:plain

これがFrederiksborg Castleです。

f:id:pskusg:20190614062053j:plain

残念ながら朝6時なのでボタニックガーデンには入れず。

f:id:pskusg:20190621103100p:plain

f:id:pskusg:20190621103023p:plain

カンファレンス最終日は朝からお城ランを楽しみました。

412Calories,

8.42km,

 

急いでシャワー浴びて、3日目も朝食は7時から。7時過ぎにぶらーっとレストランへ姿を現すとスーパーバイザーから一言! 

「お前、ジョギング行ってきただろ!」

おっ、バレてる笑。 

08:30-09:00 Get inspired!

09:00-12:00 Thematicsessions

f:id:pskusg:20190614105425j:plain

プレゼンの内容あまり面白くないトピックだった。で、メールチェックしてたら、PRSS2000ドルゲットしてたーー!これでアブダビへいける!

12:00-13:00 Lunch

13:00-15:00 Plenary session and Panel discussion

f:id:pskusg:20190614133150j:plain

午後はスーパーバイザーのプレゼン。ずば抜けて、スーパーバイザーのプレゼンが今回のカンファレンスでよかった。 

というのも、スライドがリッチ(1枚のスライドには3本くらい論文が引用されている。引用文献は全てスーパーバイザーの論文)。そんなリッチスライドとともに話は進んでいき、現在もプロジェクトは4つ進行中。なんとも説得力あるんだな。自分の全ての研究が一連の流れで話せる人ってめずらしい気がする。一般的なプレゼンをみると、一つ二つのスタディをプレゼンするけど、その先は?とか、データが古いといつの話してるんだよ!ってなるけど、そうはならないんだよね。彼の場合はこの20年の研究が継続している感じがいいね。

15:0015:30 Coffee break

15:30-16:30 Awards and goodbyes 

f:id:pskusg:20190614154517j:plain

優秀賞の発表時の写真。ほぼ女子のみなんだな(笑)そもそも参加者の8割くらいが女子(笑)なんだこの女性率。

閉会後は、部屋で仮眠。夜はレストランでディナーないと言われたので、同僚とHillerod での初外食。それまでPharmaconの中ですべてが完結する暮らしをしていたのでね、わくわくでした。

f:id:pskusg:20190614191118j:plain

Hillerodまできてフィッシュ&チップス。オーダーした理由は、この2日間フライを全く食べるチャンスがなくてね。油を欲してました!

ちなみにフィッシュ&チップスのお値段約3500円!今回訪問したノルウェーとデンマークがいままで訪れた国で一番物価が高かったです。恐ろしい値段。

f:id:pskusg:20190614183019j:plain

そしてレストランはお城Frederiksborg Castleの近く。朝ランの時にこの観光エリアを見つけたのでやってきました。意外と賑わっていて驚き。あいにく途中で雨が降ってきて店内へ移動。

f:id:pskusg:20190614183551j:plain

もちろんお酒も!カールスバーグ!デンマークのビール。滞在中はなんだかんだでカルスバーグを3種類くらいのみました。そしてコペンハーゲンの空港ラウンジもカールスバーグだったよ。有名みたい。

で、部屋に戻ると一気に疲れがでて速攻で爆睡。

 

こうして、あっと言うまにノルディックカンファレンスは幕を閉じました。

めでたしめでたし。

では。