シドニー生活

アラフォーの医療系大学院生がシドニーで研究にトレランに奔走するお話

Bouddi Coastal Runに出場しました!

Bouddi Coastal Run 2019

今回出場したレースはBouddi Coastal Run

f:id:pskusg:20191115133414p:plain

☆大会ホームページ↓↓↓

Bouddi Coastal Run | A Maximum Adventure Event

ホームページみた印象は山ではなく、どちらかと言えばCoastal Runのイメージ!

☆大会映像↓↓↓

https://youtu.be/-WoLbLf6Thk

The scenery is spectacular with pristine beaches, rainforest and a marine park. With a great combination of smooth trails, sand running, rocky terrain, cliff top trails and hills, what more could you ask for.

ビーチもコースに含まれているのでゲーター持ってきます! 

The course takes in the sites of Putty Beach, Gerrin Point, Maitland Bay, Bouddi and Bombi Point. With cliff top views of the unique Marine Park and natural beauty of this area, it’s one not to be missed!

このレース出場を決めた理由は、他のトレランの大会で知り合ったランナーさんに誘われたから!実は少し前からずっと出場しようか悩んでいた大会でもあったので、ちょうどよかった!

なぜ悩んでいたかというと、このレース会場は距離が短い。たった21キロ。

もう最近は感覚がマヒしてきて、21キロをショートと思うようになってきた。1年でこの成長は感動レベルか?人はここまで変わるものかと。自分でも笑えてくる。

 

ということで、友人達と出場できることになり、大会前からワクワクウキウキが止まりません(^^♪

 

今回の舞台はBouddi National Park

f:id:pskusg:20191115154435j:plain

Central Stationから約100キロのところ。

今回はお誘いいただいたランとものお車に相乗りさせていただくので、人任せかつ無事に会場まではたどり着けるというこの安心感ある旅です。

f:id:pskusg:20191117132956p:plain

一応グーグルさんにお尋ねすると約14時間。なんと途中(地図の緑色の箇所)、フェリーに乗船が必要とでた!(笑)

実際はもう少し近い。

Central StationからWoy Woy Stationまで電車で1時間20分、Woy Woy Stationから大会無料シャトルバスで30分の合計2時間でたどり着けます。

種目は14㎞と21㎞あって、私は21㎞の部に出場

f:id:pskusg:20191115133424p:plain

21キロコースのエイドは3回

At 7km, 11km & 14km

 

ではレース当日のお話へと進みます。

 

レース当日はtrack workで電車が止まっていた。待ち合わせのTarramurra Stationまでは電車ですぐなのに、信用のおけないreplacement busで待ち合わせ場所へ向かうことになった。待ち合わせに遅れるわけにはいかないので、かなり早めにおうちを出発する。

朝3時半起き、4時半自宅出発

f:id:pskusg:20191116044607j:plain

セントラルからウィンヤードまで2駅電車

f:id:pskusg:20191116045805j:plain

ウィンヤードからリプレイスメントのバスに乗車

案の定、恐れていたトラブルが発生する

しばらくすると周りの乗客がざわざわつき始める。一つ目のバス停であるチャッツウッドをどうやら通り過ぎた(笑)

f:id:pskusg:20191116051531j:plain

私もグーグルで位置を確認すると、Uターンしたあげくまたもやチャッツウッドを通り過ぎていく運転手が確認できた(笑)

こうなるとチャッツウッドで降りたい乗客からヤジがでるよね

「お前マップアウトしてるぞ!」

「おい!道わかるか」

結果、運転手はとうとう道を知らないと白状(笑)

私の右斜め前に座っていた女性が吐き捨てるように「Idiot...」と言い、その女性は運転手の横までいき、道案内を開始(笑)

その後無事にチャッツウッドへ到着。電車がないから振替バスがでているのに、運転手道知らないとか、しかもナビもないとかありえない。

これぞ、オーストラリアンクオリティー

☆☆☆

f:id:pskusg:20191116054157j:plain

もう信用していないので、その後ナビで位置を確認して、自分が降りる駅の少し手前の段階で席を立ち、「もうすぐバス停ですよ私おりますアピール」をして、私は無事にTarramurra駅に到着。トラブルに巻き込まれたけどなんとか待ち合わせ30分前!一安心。

f:id:pskusg:20191116072906j:plain

待ち合わせ場所で友人に合流すると、ランともの奥様が運転する車でなんの心配もすることなく会場へ到着、さっきのトラブルはいったい何だったのだろうか(笑)これが普通だと思いたい

f:id:pskusg:20191116072922j:plain

早めについているので、レジストをゆっくり済ませて

f:id:pskusg:20191117141858j:plain

トイレも済ませて、バタバタなしに会場の雰囲気を楽しむ

想像していたよりも参加者が多かった

f:id:pskusg:20191116081616j:plain

ブリーフィングのため移動、

f:id:pskusg:20191117155447j:plain

記念写真とったら、タイツの上にお腹周りのお肉がのっている悲劇…

この日着ているサロモンのタンクトップに大変失礼な写真となりました

f:id:pskusg:20191116082500j:plain

みんな場所取り大変そうだけど、

f:id:pskusg:20191116082517j:plain

私は安定の一番後ろをキープ

f:id:pskusg:20191116083020j:plain

後ろでレース開始を待っていると、ファンランの方であふれかえるので、会話がカジュアルです

「音楽何にする?」

とかって話しておる。横の若者グループは5人ともイヤホンしておるではないか~

最終的に、ナイスな曲が見つかったようで「それで決まりだ」となり、盗み聞きしているこっちも安心な気持ち

f:id:pskusg:20191117141852j:plain

いざスタート

Putty Beach

1.5kmが続く

ほぼ最後尾を走ると損なことがわかった、、、みんなに耕された後の砂ランは酷だ

f:id:pskusg:20191116084303j:plain

ビーチが終わると大渋滞

f:id:pskusg:20191116084315j:plain

レース後に前列から出走した友人に聞いたら渋滞は0だったみたい(笑)むしろこの写真みせたら驚かれた...

f:id:pskusg:20191116085141j:plain

ビーチの後は階段地獄で細かくアップダウンが続き、Gerrin Pointを横目で楽しみ

f:id:pskusg:20191116091045j:plain

Maitland Bayについて再びビーチラン

ゲーターのおかげで砂のストレスはなし

f:id:pskusg:20191116091309j:plain

何度もアップダウンを繰り返し、その都度渋滞

シングルトラックを抜けて林道へ出たところで

f:id:pskusg:20191116101231j:plain

エイド1に到着

First Aid
Unlimited quantities of water
Electrolyte nutrition
Selection of Fruit, ie bananas
Selection of lollies

楽しみにしていたコーラもスイカもない‼

「バナナ、グミ、オレンジ、ポテチ、スポドリ、お水」以上

f:id:pskusg:20191116094141j:plain

エイド1のあとはThird point trail

1キロひたすら下り折り返して1キロひたすら上るというコース

f:id:pskusg:20191116094322j:plain

この下りで気が付いた

「周りのランナーより私のほうが速いのでは?」

そして上りは周りが歩いているのでここまで歩いていたけど、よくよく考えると、練習でもこれくらいの坂はいつも走っている...

この8キロ地点から目覚めました

f:id:pskusg:20190718092747p:plain

この坂、全て走り切りました

f:id:pskusg:20191116105006j:plain

以降の林道はチャンスとばかりに上りもノンストップでジョグを続け着実に抜いていきました

f:id:pskusg:20191116100309j:plain

鈍足ランナーの私、初めて後続ランナーの類から抜けているかもしれないと、日ごろの練習の成果を初めて感じました(笑)

f:id:pskusg:20191116093410j:plain

かなり最後尾にいたので、後半になっても坂道をジョグで上っていると3度ほど

「お前、この坂走るのか?」

「お前すごいな」

みたいな状況に出くわす(笑)

f:id:pskusg:20191116102806j:plain

ようは、坂道も走れるランナーがなぜこんな後ろにいるんだてきな感じなんだな

私は練習も大会も鈍足なんだけど、鈍足のまま坂も練習は走っているので、坂道に強くなってきているらしい

f:id:pskusg:20191117141835j:plain

こんな登りもジョグのまま上ることができる

それにしてもMount Bouddi Waling Trackはつかれた、今回一番の山場です

標高は200m弱上る感じ

f:id:pskusg:20191116102807j:plain

鈍足ランナーも捨てたものじゃない

f:id:pskusg:20191116112546j:plain

帰りは林道以外の写真も撮る余裕がある

f:id:pskusg:20191116102431j:plain

天気は暑すぎず走りやすかった

f:id:pskusg:20191116102436j:plain

一度雨にふられたけど、楽しい旅でした

最後のビーチ1.5キロで走り続けたものの、かなり男性のランナーに抜かれましたのが

あ~そこが悔やまれる、坂道では抜いたのに~

ビーチラン練習するか!?

後半は坂もジョグできたので結構期待していた順位なんだけど

なんと317位!

鈍足(/・ω・)/

f:id:pskusg:20191117113107j:plain

安定の鈍足ですね(笑)

女性109位(187人中)

全体317位(453人中)

冷静に考えると、後ろに136人いるって結構すごい!?だっていつもならは後ろに5人、50人とかだからね。なんだかうれしいな。

自分が思っている以上に体力はついているので、次回は中間よりやや後ろあたりでスタートしようと思います。自分より早い人に囲まれながら走ってみるという経験必要かもしれない!

うん、鈍足なりの成長です!

f:id:pskusg:20191117113338j:plain

ちなみに男子1位は1時間43分。私より1時間半以上早い。

f:id:pskusg:20191117113243j:plain

ちなみに女子は2時間11分。私より1時間早い。

面白いことにトップランナーの年代が40-49カテゴリーなんだな。若い=速いランナーとは限らないのがトレランの面白いところ。

まだまだ私の選手生命長そうです!

 

ここからは番外編↓

友人がシェアしてくれた写真をご紹介

f:id:pskusg:20191117141845j:plain

前半のランナーは渋滞なしで突っ走ってるそうです、こんな感じに

f:id:pskusg:20191117141839j:plain

これも躍動感ある一枚ですね

同じレースに出場したとは思えない景色!私もいつかこのあたりで走りたいなぁ(笑)

最後はゴール後にお水を汲みにいた時の写真です

f:id:pskusg:20191116114725j:plain

みんなバーで水を補給している

f:id:pskusg:20191116114732j:plain

これ実は、ビーチのシャワーからホースでつないでいる

このオーストラリアの大胆な発想、嫌いじゃないです

 

f:id:pskusg:20191117174412j:plain

21.47㎞

1378calories

776.3m+

f:id:pskusg:20191117174435j:plain

体感は累計1000m越えているような気がしたけど、意外と普通でした

f:id:pskusg:20191117174558j:plain

最大心拍205だった......

そもそもアベレージ164ってのもやばい

f:id:pskusg:20191117174604j:plain

結果的に負荷が高すぎ(笑)

選手生命は長い方が良いので、負荷を考えながら練習ではこんなことならないように頑張りたいと思います。

では。