シドニー生活

アラフォーの医療系大学院生がシドニーで研究にトレランに奔走するお話

シドニーへ帰国

無事に日本の全ての用事を終えた。f:id:pskusg:20200215062909j:image
そして今朝シドニーの自宅に着いた。

 

今回の日本一時帰国の目的はキックオフミーティングだった。本当に辛かった。今思い出すだけでも辛い←もはやトラウマ。

これについては改めてまたかきます。

 

さて、帰国日の事をかく。

今回は金曜発の香港経由のシドニーフライト。

 

そもそも、今回の帰国最後のアポイントメントを終えたのは13日水曜の新橋12時。その後はランチをとり新幹線🚅で名古屋へ。

新幹線のあたりから体調が悪い。

だましだましで、夕方からは祖母のために時間を使い(運転だけでも二時間半)、帰宅したのは22時半、23時に夜ご飯、薬を飲んで0時就寝。仕事後にこれだけでもハードだった。

14日金曜は朝4時に起きて荷造り。6時半に自宅を出発。空港のラウンジで朝食。

帰国前に色々買い物したかったけど、今回はバタバタで時間がとれなかったのは残念。

 

名古屋→香港のフライトは、コロナウィルスの関係でこの日の翌日以降〜3月末まで欠航が決まっていたので、混雑を予想してたけど、その逆でガラガラ。

ビジネスとプレミアムエコノミーは0人!そんなフライト初めて!

f:id:pskusg:20200215063539j:image

機内の雰囲気は異様そのもの

f:id:pskusg:20200215104346j:image

CAの皆さんマスクしてる

f:id:pskusg:20200215104428j:image

しかもゴム手袋(青色)で、ちょっと不気味。

そんな変な雰囲気の機内の中で、私の体調は一気に悪化。頭痛、寒気、倦怠感。

毛布に絡まっても寒い。フリース(トレラン用)とダウン(トレラン用)を着ているが体の冷えを感じ。とにかく頭が痛い。あまりにも体調悪くて、寝ることもできず、久しぶりに死ぬかとおもった。

香港空港到着したものの、名古屋空港の時とは異なりフラフラ。

f:id:pskusg:20200214192309j:image

急いで薬局へ。

日本でいうところのカロナール500mgを購入して急いでのむ。あまりにもフラフラなので、ラウンジへ行かずに空港のベンチでそのまま寝転がる。

f:id:pskusg:20200214192814j:image

2時間後にむくっと起きて、ラウンジへ。フラフラで倦怠感もあるのに食欲旺盛(笑)

f:id:pskusg:20200214192834j:image

飛行機横目に

f:id:pskusg:20200214192857j:image

香港ならではのメニューをいただく

f:id:pskusg:20200214192910j:image

そして追加で薬をのむ。

食事をとったら、ラウンジをでてまた空港のベンチで体を横にする。頭痛はおさまったものの倦怠感強く頭がボーッとする。体を起こしている事が非常に困難な状態だったので、ガラガラの香港に今回ばかりは感謝。コロナウィルスのおかげで空港は閑散としてた!

次に急いで家族へ連絡。私はインフル疑い。前日に祖母と半日過ごした(車の時間も長かった)ので、祖母のモニターと薬の予防投与を依頼。祖母は90歳過ぎているので、インフルになったらこじらす可能性が非常に高いので心配。

 

一時は、香港のトランジットを止めて、香港な入国して2日ほど滞在しようか迷ったけど、無事にシドニー行きにはのれた。f:id:pskusg:20200215104346j:image

CAさん達は、相変わらずマスクにゴム手袋で、異様な雰囲気。そしてシドニー行きはめちゃ混んでた!

あとね、ボーディング、トランジットで毎回聞かれることは「2月1日以降に中国へ訪れたか(トランジット含む)」。コロナウィルスのリスクを確認するためなのはわかるけど、それより体温はかるサーモをやったほうがよいのでは?体温チェックやってなかったけど、、、?

まぁ、熱があるが故に別室に連れて行かれなかったし、これはこれでよかったかな(笑)

 

それにしても久しぶりのシドニーはやっぱり良い。

f:id:pskusg:20200215110106j:image
青空が当たり前のようにある。

帰ってきた〜って気分!

ここ数ヶ月はかなり忙しかったから、やりきった感も重なり、😆嬉しい。

しかし体はフラフラ。

シドニー帰宅後は自宅のイナビルを飲んですぐに寝た。いま起きてベットの中でブログを書いている。

 

今回はこの3年間のなかで一番忙しい一時帰国だった。そして最後の最後でまさか病気になるとは、びびった。これが自宅へ帰るシドニー行きのフライトだったのでがんばれたけど、もし、目的地が自宅と違っていれば、空港でメディカルチェックを受けてたと思う。今回の病気はある意味良い経験だ。ちゃんと備えが必要だ。

とりあえず寝ます。では。