シドニー生活

アラフォーの医療系大学院生がシドニーで研究にトレランに奔走するお話

移動2

昨日はあまりにも突然のニュースで、大学の帰り道に歩きながらブログを書きました。みなさん「ながら歩き」 はやめましょうね!👈私ももうやらないようにします

で、昨日のはこれ

pskusg.hatenablog.com

で、その後、ハナキンだったので友人とご飯にいってきた。

f:id:pskusg:20210213123343p:plain

(今回は写真一枚もとってないので全てネットから拝借)

まさにこの写真中央のデーブル席に座った。予約なしで行ってしまったけど、滑り込みでいれてもらえてラッキー。ほぼ満席ってか、満席!

f:id:pskusg:20210213124005p:plain

席の中央には、大きな大きなローソクおばけ👻がいました。迫力ある。

食べたのは、

f:id:pskusg:20210213123648p:plain

ホームメイドニョッキと

f:id:pskusg:20210213123851p:plain

WAGYU和牛です。

お肉のお店なんだけど、メニューにはアンガス2種類と和牛4種類くらい?あったの。で、私は日本人だし、やっぱりアンガス食べたいやん?アンガスお願いしたら、アンガス2種類とも1キロが1オーダーらしくて笑。店員さんに「お前らがめちゃくちゃ腹が減っていて、勢いがあるならいけなくもない」ってなことを説明されました笑。となると、残りの和牛だけがお肉の部位によって250グラムが350グラム、200グラムか300グラムって2択で選べるらしい。なんか変なの。

で、味はもちろんGreat!!

ニョッキは食感がもちもちってほどまでいかなくて、軽度もっちり意外とさっくりって感じでした👈説明が雑

 

さて、表題の件、

友人と美味しいご飯を食べて、自宅に帰って寝落ち、朝起きると思ったより気持ちは落ち着いていた。結論から先に話すと、今回の移動の件、これってスーパーバイザーにとっては名誉なことだし、私にとってもサバイバル能力をみがく機会、って思えるようになった。

f:id:pskusg:20190625230323p:plain

これはこれでよかったと思える。どんな結果でも楽しむ努力をするのみ。一晩寝たら心の準備ができました!

1週間前にブログを書いた時は、まさか本当にスーパーバイザーが部屋を移るとは思っていなかったなぁ。

その時の話↓ 

pskusg.hatenablog.com

夕方、スーパーバイザーが高級ヘッドホン(👈言いたいだけ)をしている私に話しかけてきた時の顔は本当に見たことないくらいピンチな顔をしていた。

f:id:pskusg:20210128114729p:plain

スーパーバイザーの部屋は隣のビル

隣のビルにいいどうになるけど、今のビルはレベル2、3、4で隣のビルとつながっているので、位置的には大きな変更はない。ただね、いま我々がオフィスを構えている歴史ある「Bank Building」の名ではなくなる。私はこのBank Buildingの名前の由来が好きだし建物自体も古くて厳かな感じがとても気に入っているので、私だったらアドレスからBank Buildingがなくなることが悲しすぎる。

 

1代前のDeanがいた部屋

正直、私は1代前のDeanを知らないのでピーンとこないけど(どうやらあったことあるらしい・・・)、その辺のスタッフが使用する部屋とはレベルが違うことが予想される。きっと講師、准教授では入れない、かつ教授の中でもほんの一握りだけが利用できるのでは?って勝手に予想している次第です👈昨日スーパーバイザーから知り得た情報を思い出して妄想中。Room tourをしたい!ってお願いしてあるので、近々、引越し前のルームに訪れる予定です。写真取るのでアップしたいと思います。

 

チーム(他の学生)が追い出される

以前書いたけど、今の部屋には学生用のデスクが7つあります。条件が良い席なので人気がありあます。私が入学した時は7つ全てスーパーバイザーの学生の席でした(本当は、学生を最大5人までしかもてないはずなんだけど・・・)。そして卒業生曰く、もう長いことスーパーバイザーの学生で埋まっていたそうです。卒業生の中には「最後の半年」「最後の1年」だけしかこのオフィスを使えなかった」っと残念がっている人もいた。それまで彼らは学生用の大部屋にいたそうです。ようは「私は1年目からオフィスが使えてラッキー」だと言われてきた私。

悲しいことに、この私が在籍している3年の間に状況は変わってしまった。たまたまスーパーバイザーの学生が卒業した隙をついて、他の先生が自分の学生を送り込み3席を奪いました笑。

f:id:pskusg:20200915152159j:plain

「縄張り争い」は人間界でも動物界でもよくある話。日本もオーストラリアも同じ。最前線で縄張り争いを見てきた私はなるべく関わらないようにしてきた。どちらの味方でもないけれどあえていくなら、そもそもスーパーバイザーの学生だけを配置するなんてルールはどこにもない。権力や通例ってのは今の時代通用しないと思う。

でもちょっと、これに触れないわけにはいかなくなった。だって私のオフィスへ引越してくるグループはおそらく大所帯、業界で勢いがあるやつらであることが安易に想像できる。だから席を確保するために不要な学生をどけて大部屋へ放り出すことになるであろう。

スーパーバイザーの学生の席は4つあって、しかし昨年1名が卒業しで今は3つ。悲しいことに私以外の2名はほぼ大学へ来ないので彼らは追い出されることになる。

f:id:pskusg:20200722212031j:plain

まぁ、彼らが大学へ来ないのはレベル5でも周知の事実だったうえ、先日の視察で大学へバレた。もうぐうの音も出ない。

まとめると、私以外のチームメンバーは放り出され、どこかのチームがみんなでやってくる。そして、おそらくいや間違いなくメンバー全員がローカル!ようは私だけよそ者になってしまう笑。疎外感でそうだけど大丈夫だろうか?笑。あれ?今気が付いたけど、いまも私以外は全員ローカルだ笑。まぁ、どんな奴がこようとも、大丈夫、大丈夫。留学生カードをしようすれば、知らぬ存ぜぬでなんとなく漂うことが可能だ。

オーラを決して

漂流せよ!

でも爪痕は残したい!

複雑な乙女心!

 

仕事環境に安心感が必要

スーパーバイザーに何度か聞かれた「お前はだいじょうぶか?」「大事なことは周りがフレンドリーかどうかではない。もっと大事なのは働いていて精神的にsafeを感じれるかどうかだ。」おっ!なんだかスーパーバイザーがメンタルヘルス語ると重みがあるね。次にこの部屋へ来るメンバーによっては、私は移動願いを出す可能性がある。もう大人なので、精神的にsafeを感じながら働くという意味はわかっているつもり。

f:id:pskusg:20201112152134p:plain

でもさ、積極的に交流して輪の中にいるという練習にはなるかもしれない。(よくわからんがサバイバル能力をあげたい今日この頃)

 

新しい島を持つ可能性

話をしていくうちに思ったことがある。私のくるかこないかわからないストレス問題に心配するよりも、スーパーバイザーの縄張りがなくなってしまうことのほうがピンチのように思う。もう間も無くスーパーバイザーの学生はバラバラに散る。そして一度散ってしまうと、もう固まって島を持つことが難しくなる・・・。

これって重要で、今後、スーパーバイザーの元へやってくる学生たちは部屋も離れているのでコミュニティーが築くのが難しくなる。そして国内外からスーパーバイザーの元を訪れる人たちも同じ。サバティカルできた人たちはお客様なので基本的に大部屋に配属される。でもスーパーバイザーの場合は、サバティカルの目的(リフレッシュとネットワーク構築)を達成するために彼らの席をアンオフィシャルに自分のオフィスに配属させて(パートタイムの学生の席に座らせて)、ネットワーク構築をサポートしてきた。人と人をつなぐのは結構大変なのにスーパーバイザーはこの点を得意としている。もうバラバラでデスクを構えたら最後、、、意図的にミーティングでも設定しない限りはハローすら言えない状況。将来の学生にもビジターにもみんなにとってマイナスでしかない。ちょっと今後のスーパーバイザーのチームの流れが変わっていくことになる。やばしら!👈突然エガちゃん

スーパーバイザーが「何が私にとってベスト」か聞いてきたそのタイミングで、

・チーム(追い出されるであろう2名のローカルの学生と私の3名)で新しいオフィスへ移りたい

・スーパーバイザーの新しい部屋に近い部屋(同じ廊下にある部屋)がよい

・キッチン・冷蔵庫はなくても構わないが、窓がある部屋👈どさくさ紛れに私の要望を加えておく笑

と希望を伝えておいた。

ということで、スーパーバイザーがなんどもなんども頷いて聞いていた笑。そして、スーパーバイザーにとって何がベストか聞き返したら「俺も同じだ」って笑。そんなことをこの間は一言も言ってなかったのに、完全に私の案を勝手に採用し勝手にパクった笑。まぁいいけどね笑。最後に、移動後では遅いから移動前のいましか交渉するチャンスないと思うよとアドバイスしておきました👈なぜか上目線。

f:id:pskusg:20190523205552p:plain

あともう1つ、状況に応じて私の名前を大学に伝えてくれと。交渉する場合、使えるカードは全て出した方がいい。

この流れで「俺には良いアイデアがある」と言い始めた。

スーパーバイザーの学生のMちゃんだけは別の部屋にデスクがある、このMちゃんの部屋は4人部屋なのでそこへみんなで移動してはどうかと。

f:id:pskusg:20190625230859p:plain

なんだかアイデアが頭に入ってこない。よくよく聞くと、スーパーバイザーはMちゃんの部屋を1度しか訪れたことがなく、部屋の場所を覚えてないらしいよ!笑。自分の学生の部屋をしらないなんて、えーっと、最低ですよね。もう庇いようがない。。。

そもそも、Mちゃんの部屋は個室なわけだから、大部屋と違って人気があるはず。。。学生3名がいそうだけど、、、

ちなみに私の隣の席が空いたから、Mちゃんはいまのオフィスへ移ってくると思ってました。ただコロナで先延ばしになっているだけかと。実はね、これも驚きだけど、スーパーバイザーが移動を勧めたら断ったらしいよ!笑。どーゆーこと!笑。いまわかっていることは、Mちゃんのその部屋には小さな窓がある!👈これ重要。そして2階建の部屋!👈これ謎。4人部屋なのになぜメゾネット?部屋の中に階段があるのはなんで?笑。古い建物なので増築増築の結果なんだろうけど、個人的に興味がでてきました。Mちゃん来る日に遊びに行きたいなと。

あ〜長くなったので、このへんで一旦終了しておく。

 

そうそう、今日のシドニーは強風・雨なので、午前に予定していたトレランは行けなかったので、悲しい週末を過ごしています。

今日は午後に1件インタビューを予定していたけど、天候がひどすぎて初めての試みで自宅で実施してみた。無事に終了しましたけど、やっぱり次からは週末でも大学がベストな気がする!ネット環境とか余計な心配しなくて済むしね!

では。