シドニー生活

アラフォーの医療系大学院生がシドニーで研究にトレランに奔走するお話

フライデーセミナーの行方

フライデーセミナーどうなるの

以前にも何度か書いているけど、私の所属先では毎週金曜に国内外の研究者を招いてセミナーが開催される。学部は同じでも研究分野は様々なので、これに出席することで世の流れ見たいないのを感じることができたり、聞いたことない単語がバンバン飛び交い「?」ってところまで自分を追い込める絶好の機会だった。

そんなフライデーセミナーへの出席率

スタッフ→おそらく横ばい

オナーズ→おそらく横ばい

HDR→激減

という現象が起きていた。

過去の記事はこれ↓

pskusg.hatenablog.com

PRSS(学内助成金)のクライテリアから今年外れたので、HDR(MPhil, PhD)は一気に不参加を決め込んだ! 招待者に失礼じゃない?と思うこともたまにある。

そもそも

フライデーセミナー出席は10月に行われる大学からのインタビュー Annual Progress Review (APR)で評価項目として含まれている。

Attendance at Faculty of --- Postgraduate Conference and Research Seminar Program

All students are expected to attend the annual Postgraduate Conference. All students are expected to attend a minimum of 80% of the seminars.

APR (10月)の前に、事前にアプリケーションを提出することになっているが(期限は8月末)、みんなこの項目をどう回答したのだろうか?

私は「昨年はPGCは参加しました。今年はPGCで発表します。セミナーに関しては、7回欠席しました。理由は〇〇カンファレンスに参加、データコレクションのため日本に帰国していたからです。」と超具体的にわかる範囲内で記載した。他の学生のアプリケーション見てないのでわからないけど、普通ならここに「Yes」とか「ほとんど参加しています」と書くのが一般的なんじゃないかなと思う。

まぁ、こんな小さな枝のことより、論文数やファクターの方が大事なのはわかるけどね。それでも、私が思うに、PhDはUNITは0なんだから(授業は0)、研究の成果をもってすべてが評価されるわけだとしても「これくらい参加すれば?」とやはり思ってしまいます。

こんな感じで、4月ごろからフライデーセミナーのHDR出席率が激減して気にしていた私ですが、そう感じていたのは私だけではなかったようです。

8月のファカルティーからのメール↓

  1. Seminar attendance: We have seen a significant drop in seminar attendance by HDR students.  Previously seminar attendance was monitored by us and linked to PRSS funding eligibility but since PRSS allocation is now handled by FMH, this requirement is not in place anymore.  This issue has been discussed by the Research Committee and our senior management team recently, and we are looking at incentives for attendance in the near future (watch this space !).  In the meantime, I understand that you are all busy with your projects but I would like to reemphasise how important it is to be exposed to research presentations which are outside your own comfort zone.  One learns new things from every presentation, for example what other techniques are available in other research groups and what encompasses a good or bad presentation.  Apart from you missing out, it also results in smaller audiences for our speakers, some which are international visitors that are important collaborators of our School.  As a matter of encouragement, Professor --- (Dean) has indicated that it will be fine if you would like to bring your lunch to the seminar considering the time slot coincides with grumbling stomachs (although please take your rubbish with you).  

ということで、ファカルティーもHDRstudentの出席率低下に気が付いており、こうしてみんなにメールしました。果たしてこのメールにより、HDRの出席率が戻るのかは今後のお楽しみです。

f:id:pskusg:20190821120411j:plain

これは8月のセミナーの写真。

f:id:pskusg:20190821120322j:plain

この時は満員御礼に近かった。これはきっとうちの大学のP教授の発表だったからだと思う。うちの教授が発表することってかなり珍しい。もう招待するネタが尽きたのか?と思ってしまったくらいです。とはいえ、P先生を個人的に尊敬しているので、このFlyerが送られてきたときから楽しみにしてました。

 

ここでこのブログタイトルの話になるのだけど、 

最近フライデーセミナーの名称が変わりました。その名も「セミナー」。そのまますぎる笑。なんなら時間も変更:金曜14時から水曜の12時へ。さらに会場も変更:同ビルから向かいのビルディングへ。

大学というところはちょくちょくルールが変わる。フレキシブルといえばそれまでだけど、、、なんだろうこの違和感。このタイミングで色々と変えると、HDRの気持ちを繋ぎ止めるの難しいのでは?みんなも余計にめんど〜ってなりそうだけど…。

 

 

と、こんなフライデーセミナーの出席率について上目線で書いている私ですが、まだ自宅です。いま朝の11時。

f:id:pskusg:20190906112655j:plain

今日は宅配を受け取ってから登校予定←完全に調子にのった発言です。

いざ自宅で午前働こうと思ったけどなかなか集中できないので、ブログを書いてしまいました。

f:id:pskusg:20190902151328j:plain

最近のシドニーは夏を感じます。昨日は30度でした。本日も快晴!空を眺めながら自宅にいると。。。仕事は進まない!

f:id:pskusg:20190831082358j:plain

進むのはコーヒーばかり。

 

ちなみに宅配されるのは、トレラン用のサロモンのバック&靴です。とても安くなっていたから!(←言い訳?)

昨日スーパーバイザーへは午後から登校する旨をつたえたところ「また靴かったのか?」とコメントが返ってきました。なぜかトレランアイテムだとバレました笑。そしてセールだから購入したこともバレてました。しかし、リュックも買ったことは秘密にしておきました笑。

 

そんな感じの金曜。では。