シドニー生活

アラフォーの医療系大学院生がシドニーで研究にトレランに奔走するお話

気が滅入るメール

夕方にPMから打合せの連絡がきた。

明日の午後に4人(PI PM CI 私)で打合せすることになった。

 

PMが書いたインビテーションには添付資料つきでこう書かれていた👇

Hi everyone,
We have received advice from the USYD clinical trials data lead, Olya Ryjenko, that we can use USYD’s version of REDCap to create aggregate summary dashboards.
This meeting is to discuss whether this option may meet our needs. Please let me know if the time doesn’t suit.
I’ve attached the information from Olya and an example of graphs that can be generated.
Many thanks,

 

それに対して速攻でCIが返信👇

Thank you for setting up the Zoom. The date and time suit me well. 〇〇(私)and I have already known that the REDCap can create summary dashboards.
Please consider if this level of dashboards is enough for you to manage the project.

See you tomorrow and have a good evening!

 

PMがCIに返信👇

Thanks 〇〇 (CI)– I thought you had mentioned it before and sorry if we’re going over old ground.

But, yes, perhaps, it could be enough with customisation?

Look forward to meeting tomorrow.

 

このやり取りみたらドッと疲れた。

 

気になるのはPMが一人で大学のレッドキャップ担当者のコンサルを受けたことです。

レッドキャップとWEBの仕事は私とCIの仕事。基本的に私が一人で作業をした後、CIが確認するながれ。ちなみに17名いるCIのうち、この作業の知識をと経験があるCIはたった一人だけ。なのに研究者でもなければ、テクニカルことを何も知らない人が、勝手に裏で一人動き回るのはとても失礼だからね。我々の仕事を信頼してないってことになる。我々というか、CIの立場を無視して行動してることにPMは気づいてなさそうなんだよね。。。

波乱の予感が。。。

 

メールみる限りCIが明らかにイラッとしてるのが伝わるのだけど。もし今度またPMが一人で大学のレッドキャップ担当者に相談するような事があれば、そこと二人でレッドキャップ作ってねって話になるよね。。。

 

とりあえず私にできることは、PMがコンサルタントに言われた内容ではどうしてダメなのかをリストして、レッドキャップのダッシュボードを見せるためにテストデータ800件アップロードして、って18時に帰宅してから気づくとこんなじかん。調べ物に時間かかりすぎる。

 

あー、英語きつい。

 

もし私に英語力があれば、PMが不安になる事もないだろうし、暴走だって止められたかもしれない。私がこんなだからPMが頼りなく感じるのもしやむなし。。。

明日は大学行きたくない。明後日もPMと2人ミーティングもやりたくない。英語で働くのって地獄。

では。