シドニー生活

シドニーで研究にトレランに奔走するお話

復帰2日目、突然の引越し

復帰1日目は寿司ハブへ寄り道。ささやかな1人快気祝い用にお寿司持ち帰り。

(写真撮り忘れた笑)

寿司ハブも最近値上がりしたのでさらに高い、、、約18ドル、、、

 

さて、復帰一日目、13日ぶりにデスクに座って作業をした感想は、

『文章が読める』

 

どれだけ先月体調が悪かったのかが今になってよくわかりました。完全に病気だったね。文章を読んだり何かを考えたりが出来なかったし、そもそも気が乗らなかった。体が全力で拒否してたのかもしれない(←都合が良い解釈。怠惰なだけでは?)

初日は(^^)ここまで回復できた事に感謝。

 

復帰2日目、咳が止まらないから朝からずっと苦しい(←悪化したかも?)。深く呼吸ができないというか薄く息吸ってる感じ。

 

復帰2日目の私の元へスーパーバイザー午後にやってきて

『402への引越しの許可をとった!1日でも早くみんなに引越しするようメールしておく』

と。

 

d(^_^o)いまの学生らとみんなで二つ隣のオフィスへ移動になるみたい。

 

この402は、スーパーバイザーのオフィスの横の部屋。6人部屋で窓付き。

↓↓↓

f:id:pskusg:20220809185438j:image

以前レベル5からレベル3へお引越しが決まった時、スーパーバイザーが異様に欲しがってたあの部屋が402。あの時は他の先生に取られちゃったの。

f:id:pskusg:20220809185441j:image

理由はわからないけれど、数ヶ月前に402が空いたの!

 

スーパーバイザーはスクールマネージャー(スーパーバイザーが学内で1番仲が悪い人)へ402の交渉をしたそう。結果は交渉の必要なくすぐに認められたらしい。

スーパーバイザーが一日でも早く我々に引越しさせたいのには理由がある。スクールマネージャーの気が変わらないうちにってことらしい笑笑。

 

スーパーバイザーは教授ではなく政治家。強欲で、自分が周りの人より良い扱いを受けることを喜びとし、そして特別扱いを受けること当然だと思っている。402はそんなスーパーバイザーの欲を満たしてくれるアイテム。402を獲得すれば、自分は自分の学生専用のオフィスを大学からもらっている、俺はすごい、と考えているみたい。特に私がいる308は窓がない4人部屋、402は窓付き天井高い6人部屋だもの。

 

スーパーバイザーにはいえないけど、本当にどうでもいい。

笑笑笑

(´・Д・)」

 

私はスーパーバイザーと真逆の価値観やスタイルを持っているので、とにかく右から左へ話を流す事にしている(最初の頃は丁寧に話を聞いてた私はいまはもういない)。

 

そんな私の最初のコメント、

『引越しが楽しみ。自宅から観葉植物持ってこなきゃ!』

である笑。

402を獲得したプロセスとか、スーパーバイザーとスクールマネージャーがいかに仲が悪いとか、スクールマネージャーがいかに意地悪な人間であるか、そんなこと聞きたくもないというか聞き飽きたわ!だからスーパーバイザーの好きなガーデニングの話へすり替えておいた。

 

復帰2日目にオフィスの引越しが決まり(これで 2回目)、なんだか気疲れ。ちなみにPMと同じオフィスになる!

٩( 'ω' )وえいえいおー!

頑張れ私。

\\\\٩( 'ω' )و ////

おー!おー!おー!

 

では。