シドニー生活

アラフォーの医療系大学院生が研究にトレランに奔走するお話

今月最後の愚痴

これは今朝書いたブログの続き。

超ネガティブオーラ放つ記事ですが、こんな日もあるよね。

だからこの気持ちも残しておく〜

 

今月は色々とアプリケーションやら何やらの提出日がかたまっているのは最近もちょこちょこブログに書いてたのだけど、これはもう1年前からわかっていたことで、それ自体はとくに問題はない。

じゃあ私が何でこんなにも

  • 国際学会のアブスト
  • 大学の助成金のアプリケーション
  • グラント

これらの3つのエントリーで心がざわついてしまうのか?

それは「P1を投稿していない」という事実がこれらの3つのエントリーにマイナスの影響を及ぼすと個人的には思っているから。この事実ないとドキュメントが弱くなるので、だからこそこれらのドキュメントに敏感になっている。

大げさにいうと、4月中にP1を投稿できていないのであれば、あとはいつ投稿してもいいや!といった感じ。P1は6月も8月も11月もいつ投稿してもそうさはない。もちろん早く投稿して早くアクセプトされた方がいいに決まってるけど。。。でもそれくらいこの4月は、P1の成果を活用できる最終の締め切りでもあった。

 

1:プレゼンへの影響

まずは最近の打ち合わせでも話題に上がったことだけど、28日日本で行うプレゼンの中でさらっと「昨年のデータは取りまとめで国際誌へ投稿済み」と説明する予定だった。これは出来ないことが確定。だから、「S1はデータを取りまとめて昨年学会発表済み、現在は国際誌に投稿へ向けて準備中」というなんか挨拶レベルの報告をすることになる。もちろん学会発表を済ませているという点では、よくやっているといってくれる人もいるかもしれない。それでもやっぱり違う、研究始めてまだ2年目の若い私でもその違いはわかる、「投稿済みか準備中か」これは大違いなんだよね。投稿済みはたとえその後にリジェクトされてもいいのだ。「一旦仕上げて手を離れているという事実」やはりこれは大きな違いだということ。はぁ。

 

2:グラントアプリケーションへの影響

今週末に提出予定のグラントアプリケーションの中でも「P1は国際誌○○へ投稿済み」と書きたかった。私は研究未経験でいまここにいる、だからここまでファーストオーサーとして no publication。これはアプリケーション上で文字にすると結構キツイものがある。グラント側から「よくもそんな経歴で応募できたな」と鼻で笑われるんじゃないかと笑、大げさだけどそれくらいの気分でいる。だからちょうど1年前にこのグラントの応募を決めてここまで必死でやって来たというのもある。私はいま研究2年目に突入したばかり、その段階で少なくとも1つの研究を終えて、データは「学会発表済み」「1本投稿済み」しかも雑誌も有名なところとなると、話は変わってくると信じていた。喉から手が出るくらい獲得したいグラント、この切り札なしでファイナリストになれるのか?

f:id:pskusg:20181218174434p:plain

3:PRSS2019への影響

今年から評価項目がリニューアルされた。under the review の論文も評価対象になったのだ!なのにそれを活かせない私のアプリケーションは残念すぎる。「P1は国際誌○○へ投稿済み」と書きたかったけど書けない。あー、悔しい。PRSSに関してはいくら文章で「研究頑張ってやっている」「毎日遅くまでやってます」といっても何も生まれない。それを結果に取りまとめてないと評価はないようなもの。エビデンスと言えるものは、1年目で学会発表に選ばれたことくらい。これだけの武器でPRSS勝ち取れるのか?あー、3500ドルは幻になりそうだ。

 

4:学会アブストへの影響

もしPRSSが獲得できないと、国際学会すべて自費になる。ちなみに、一部の学生は獲得できなければ学会は辞退すると言っている。でも私はなんとかしてこの学会へいきたいのだ。アブストがアクセプトされたなら絶対に参加したい。となると心配はお金!もちろん航空券は高い。国際学会でそれ以上にやっかいなのは参加費。

f:id:pskusg:20190419154012p:plain

学生のアーリーバード(一番左の金額)でも300ユーロ(約4万円)!

学生以外は学会会員でもなんと、アーリー・バードで720ユーロ(9万円)

うぎゃーーー

海外って高いのよ〜もう自腹を想像するだけでも怖い。去年は自己投資として払ったけど、今年はちょっと無理かな?コペンハーゲンに行けるかもしれないので、そこが自腹で自己投資なのはわかるけど。。さすがに2つも投資はできない。学会に行くためにはPRSSが欲しい!欲しいぜよ!

 

こんな感じ。なんとなく悶々としてしまうのはこんなプレッシャーからね。「P1を投稿済み」 という事実がないだけで、色々なアプリケーションが弱くなる。だからなんだか敏感になってました。時間薬ってやつ?色々とブログに書いたらまた気分すっきりした。

こんなにも成果とか気にしたこと日本で社会人している時はなかったような?笑。ある意味、ここに書いた口はよい刺激かな。「ちゃんとしないと、PhD後に繋がらないから」という自分から自分へのプレッシャーをこれからも高めていかないとね。

うん、がんばるぞ。

 では。

最後の希望も絶たれる

スーパーバイザーをプッシュしてみる

シドニーは金曜からはイースター連休突入。私は土曜にシドニーを発つ。ということは、木曜が最後のチャンス!←スーパーバイザーとP1の話ができなくともアブストとPRSSのスモールディスカッションをやっぱりしたい!焦り解放宣言したけど、やっぱり最後までやれることはやりたい。

で、結果的に木曜の昨日は撃沈した。今朝も6時から目が醒めているのに全然気分が上がらない。はぁ。ブログに書いて気持ちを切り替えるしかない。

これは木曜の午前のお話です。

木曜起きるととてつもなく体も気分も思い。帰国前の最終日となるこの日、いまだにP1サブミット出来てないこと・学会のアブスト提出してないこと・PRSS提出してないこと、この3つの持ち越し続きのリストが頭から離れない。焦り解放宣言したけど、やっぱりベストな状態へ持っていきたい。これが本音。

で、色々と考えた結果、スーパーバイザーをプッシュしたくないけど、もう一度メールをすることにした。そこにはそれぞれの期限も添えて、あとはそのメールに反応してもらうために質問「?」もそえて。

タイトルは「〇〇2019 abstract and PRSS2019 application 」

こんな感じで書き始めた。

I am sending 2 doccuments to you. 
Please find attached files. 

  • 〇〇 abstract 2019 - due 1 May
  • PRSS 2019 - due 3 May

 「学会アブストとPRSSアプリケーションを送ったから確認してね。期限は**です。」

これだけ書けばわかりやすいよね。もちろん添付したファイルの名前とリストは一致させてある。ファイルのタイトルはもっと詳しく書くと自分の名前もいれている。

ABC abstract 2019- Taro Japan

PRSS 2019- Taro Japan

こんな感じでスーパーバイザーに送るファイルには必ず詳細を盛り込む (Title.Year. Name.)。たとえ学会名入れても今はいいけど後々に振り返りにくいと思うので、年もいれる。自身の名前を忘れずに最後につけるのも大切。ワード内のヘッダーにも「ABC abstract 2019- Taro Japan」同じものを入れる。誰かに指示されたことはないけど、これをいつも徹底して行なっています。私からのドキュメントはいつも同じようなフレームというかスタイルなので、向こうも私のフォルダを作ってほりこんでしまえば、自然とファイル内で整列するはずなんだ。まぁ、スーパーバイザーは気が付いていないと思うけど、これは私の自己満足でやってます。

わかりやすくタイトルをつけるのは、スーパーバイザーは書類を読んだり書いたりすることが多いので、少しでも手間を減らしたいなと思って。ドキュメントがフォルダに入っていても、たとえ途中で作業とめても「誰のいつも何をみているのか」を思い出せるように。はぁ。でも効果ないよねたぶん笑。完全に自己満足。

続いてこの後に、返事がもらえるように具体的に質問を入れ込んでみた。

「いま問題があります。アブストはスペースを含めて1700charactersなんだけど、私がのアブストは2100charactersなんだ。これに関して何かアドバイスをいただけませんか? 」

このメール自体がスーパーバイザーにとってはリマインダーのようなもの。同じファイルを2度もPhDの学生が送って来たのだから、プレッシャー以外の何者でもない笑。でも嫌な気分にさせないように、メールの最後は良い報告でくくった。

In terms of application for 〇〇 Association Grant (due-30 April), I finished ...

「〇〇グラントのアプリケーションに関して(締め切りは4/30)、応募書類は完成しました。〇〇と〇〇と〇〇から承認も得ています。」

ここでもさらっと4/30締め切りだけどと入れておいた笑!

締め切り2週間前にもう終わりましたと。←仕事が早いといいたいわけではないが、計画通り進めているということが伝えたかった。

スーパーバイザー忙しすぎていつもギリギリ仕事なんだよね。特にPhD学生に対してはそうならざるを得ない感じ。今回の4月末のグラントは日本のグラントなので日本語です。スーパーバイザーのチェックがいらなかった!笑。だから予定通り余裕持ってたっぷり時間かけて仕上げることが出来なのかな?笑。

 

このメールを朝いちで送り、メール読んだスーパーバイザー文字で返事はくれなかった!部屋から出て来て

「今日は忙しいし、今度日本でプレゼンの少し前に打ち合わせしよう。」

えーーーーーーー!プレゼンの日はお昼から夜までスケジュール埋まってるし、前日もその準備で半日とられるし、どこでそんなのできるのさ?打ち合わせをカフェでしている時とかに突然学会の打ち合わせできる?うう?

というか、要は

「俺はお前の学会のアブストもPRSSアプリケーションも締めきり直前まではみないから!」

という宣言。

これはショックだった。というか、打ち合わせはほぼ無理だなと確信。ましてやスーパーバイザーのやることリストの中に今回のメールでは触れなかったけど"P1いったいつ投稿するの問題”は含まれていないだろう。ましてや先週の金曜に「abst, PRSS, P1の打ち合わせを月曜か火曜にしよう」と自分から言ってたことは覚えているわけないな。

そしてこの衝撃を抱えたまま木曜午前は研究作業を続けた。そして午後はAfternoon Teaのイベントがありありわいわいして半日勉強なしでおわった。あっという間の最終日でした。これが現実。受け止めます。諦めずにスーパーバイザーにメールしてよかった。ちゃんと私なりにいまの状況と向き合って、やれる努力(もう一度スーパーバイザーに連絡するこをしたから。もうし尽くしたからそれでいい。

ということで、土曜の夜にシドニーへたちます!

では。

 

 

国際学会のアブストは何本だす?

国際学会の要旨

何が一般的なのかわからないことがある。

 

とある国際学会Aがあるとする。あなたはA学会でポスター発表をしたいと考えている。だからそのアブストを書いて締め切りまでにA学会へ提出する。そして後日、A学会からくる連絡でポスター発表の合否を知ることになる。

学会にもよるが、もちろんエントリーした全てがアクセプトされるわけではない。ホットなものが選ばれる、それは当然の流れ。

 

ところで、

 

あなたなら

何本アブストを

提出しますか?

 

「何本?」

「えっ?1本じゃないの?」

って思った人、私と同じ感覚〜

そうなのよ、一つの学会に3本とか出す人っているの?そんなことあるの?

それがいるんですよ!

どちらも間違ってはないの。別に学会にアブストの本数は制限されてないのだから、どうしてもその学会で発表したいなら数本出した方がアクセプトされる率は高まるからね(もちろん個々は違う研究データであることを前提)。

まぁ、考え方によっては3本分のオーラルまたはポスターにできるだけのデータを持っているということは研究者としてすごい。ところで、データ色々持っているからといって、同じ学会に2本・3本って出すの?やっぱり私にはなんだか違和感あったりする。

こんな学会のアブストのネタで一つで、「自分の常識が他人の常識とは限らない」と言うことを再認識する。逆を言えば、「自分の価値観を相手に押し付けないようにしないと」ね。留学はこういった自分と違う人を知ることができ受け入れることが出来るようになる、すごく勉強になる。

 

そもそもこの話は1年前にさかのぼります。

毎年9月に私の業界に関連した世界的に大きな連盟が主催するA学会がある。アブストは4月末の締め切り。この時期になると学生の間では「おまえA学会いく?アブスト書いた?」「オーラル?ポスター?」「PRSSエントリーする?」という日常会話がちょくちょくある。

その中に「何本アブストだす?」という会話もあった笑。昨年の私は普通に返答していた「1本だよ。qualitative studyのデータを仕様するつもり」とね。

 

当時の私はMPhil1年生で入学して間もなかったのでまだ色々なことに慣れてなくて、あまり他のPhDとの会話を深く受けとめず、会話そのものに必死だった。そして2年目の今年ようやく自分の中の違和感に気が付いた。「何本アブストだす?」この会話って変だよね。

f:id:pskusg:20190417132844j:plain

私「私A学会に今年行くよ。アブストを先週スーパーバイザーに提出したところ。あなたは行く?」

友人「うん。そっちは?何本アブストだす?」

私「一本だよ」

友人「2本だそうと思っていたんだ。でもいまそれを1つにまとめて1本にしようかなと悩んでいるんだ。」

私「一本にまとめるのはいいと思うよ。スライスするより1つにまとめたほうがインパクトあがる場合もあるよね。」

友人「そうなんだ。悩んでいてまだ2本にするか1本にする決められないんだ。全部作ってスーパーバイザーに提出しようかな」

 

昨日の午後、青空の下で日向ぼっこしてた時にPhD O君が偶然通りかかり世間話してたらA学会の話になり、やっと私は気が付いた。なんでアブストの数を聞くの?1本に決まっているやん?やっと気が付いた。私とは感覚が違うんだ。これって面白い〜。世には色々な感覚がある。

ちなみにこの会話「アブスト何本だす?」はOを含めて3人とした。

これには傾向みたいなものがある。3人ともインターナショナルで、パキスタン、スリランカ、インド、出身のPhD。そして3人ともP教授の学生さん。彼らは私もエントリーするA学会のアブストを2本以上出す予定。お国柄なのかスーパーバイザーの意向なのか不明。でもこの3人だけ本数を聞いてくる。

この3人以外のローカルやインターナショナルは「オーラル?ポスター?」あとはスタディータイプとかを聞いてくる。

うーん、なんでかな。どちらの感覚も間違ってない。この違いがなぜ生まれたのかは不明。確かにA学会はかなり大きい学会。ここでポスターに選ばれるってとても名誉あることなのかなといまになって思う。去年アブスト出した時は、倍率とかあまり気にしてなかった。今思うと超お気楽な私。人生初の国際学会でのポスター発表、英語のアブストに苦戦して、まずはアブストが書けるかどうかみたいなレベルで戦ってた笑。アクセプトされるかどうかなんて気にもとめてなかったよ、出せただけでもう学会でポスターが出来るものだと思ってたレベル。。。大ばか者だね。

今思う。もしかしたら私はラッキーなだけだったのかもしれない。よくよく考えると、オーラルでエントリーしたPhDの友人2人とも、リジェクトをくらってた。幸いにも、彼らはオーラルがリジェクトだけど、ポスターならアクセプトすると学会から申し出があり、もちろん2人ともポスター発表への切り替えを承諾して無事にポスター発表を終えた。

なんか今年で2回目。少し怖くなってきた。ばたつかずに、計画的にばたつかずアブストを書けたけど、アクセプトされなかったらどうしよう笑。

 

今日はシドニー最終日。明日から世間はイースターへ突入、私は日本へ一時帰国。あと1日頑張ります。

では。