シドニー生活

アラフォーの医療系大学院生がシドニーで研究にトレランに奔走するお話

旅10-Portrushから世界遺産へ!とうとうジャイアンツコーズウェイ!

Portrush世界遺産-ジャイアンツコーズウェイ

着いたぜPortrush!

4日目(8/31)の大移動Dublin-Portrush(7:35-12:00)電車の旅は終了。

f:id:pskusg:20180904184217p:plain

Portrushは北アイルランドの端の端!こんなところまで電車を乗り継いでくる日本人そうそういない。

4日目まだまだ移動続きます。

目指すは世界遺産Giant's Causeway | National Trust

ジャイアンツコーズウェイじゃ!

ジャイアンツコーズウェイへバスで向かう

駅に着いたら速攻宿へ!荷物を預けて受付でバスについて聞いてみた!30分後にバスがあるのでダッシュ!

f:id:pskusg:20180831133138j:plain

間一髪のところで乗り遅れた...バスが私の横を通過していく....

ふてくされながら食を求めて街へ引き返す。次のバスは1時間後。

良い天気なのでテイクアウトのFish&Chipsを購入。支払い時に気が付いた。"私はポンドを全く持ってない", "ダブリンのユーロしか持ってない"

f:id:pskusg:20180831124342j:plain

田舎だけにカードNGユーロNG、注文したテイクアウトの食事はお預けにされてATMを探し町中を駆け回る。ローカル3人に聞いたけど彼らが教えてくれたATMだとエラーで引き出せない。今思うと、北アイルランドの人だけが引き出せる銀行のATMだったんだと思う。だってVISA,MASTERとかのステッカーが貼ってなかったし...

f:id:pskusg:20180913004814p:plainf:id:pskusg:20180913004811p:plain

かなり苦労したATM、Portrushには2個あります。

  • 駅前のドミノピザの前
  • Ramore Restaurants横(RemoreAve沿い)

キャッシュを手に入れて青空の下でやっとMr.CHIPSのFish&Chipsをいただく。街ごとに食べ比べているのだけどここのが一番最下位のお味。残すレベル。ご飯も外れだし、キャッシュないからもともとさっきのバスには乗れない運命だったんだと、どんどんネガティブに。

旅路の際の失敗は立て直しは簡単です

"次のバスまでまだ少しあるじゃないか"

Portrushでも一杯やるしかない!

という構図。

f:id:pskusg:20180831130225j:plain

BEERはStrongBowをチョイス。

これも初めてのビール。ちょいちょいお酒も制覇していく。定員さんと相談して知らないものを片っ端から挑戦するのが私流。そしてお酒を覚える気もなく学ばないのも私流。楽しくしたいだけです。

お店はここ↓

f:id:pskusg:20180901145503j:plain

The Quays Bar - Home 

Portrush駅についた時から目をつけてました。お昼なのに開いてたのでね。その辺りチェックに抜かりなし。

f:id:pskusg:20180914014109j:plainf:id:pskusg:20180914014126j:plain

ビールを飲みつつ宿でもらった時刻表で作戦会議。1時間に1本しかバスがないので乗り遅れたらやばい。

f:id:pskusg:20180915053652j:plain

そしてこの時、もう1つの目的であったOldBushmillsDistilleryBushmills | Ireland's Oldest Whiskeyはこの日は行けないことが確定。翌日へ回すしかない。

f:id:pskusg:20180831134719j:plain

やっとバス。チケットは乗車時に直接車掌さんから購入。シングルかリターンかと聞かれ今回はリターンを購入。

f:id:pskusg:20180831135658j:plainf:id:pskusg:20180831140222j:plainf:id:pskusg:20180831134839j:plainf:id:pskusg:20180831134829j:plainf:id:pskusg:20180831140421j:plainf:id:pskusg:20180831140256j:plain

とても田舎。車窓からの景色最高。

f:id:pskusg:20180831140440j:plain

そしてかなり田舎な場所で降ろされる。バス停の背景が壮大すぎる!

世界遺産ジャイアンツコーズウェイを楽しむ

f:id:pskusg:20180831140459j:plain

とうとう着いた

f:id:pskusg:20180831141455j:plain

受付で入場料を支払う時に国を聞かれたのでJAPANと言ったら「日本語のガイドあるから向こうのカウンターで受け取ってね」とのこと。無料の日本語音声ガイド付き!すげー!こんな田舎に日本語ガイドあり!

f:id:pskusg:20180831141923j:plainf:id:pskusg:20180831143014j:plain 

目的地までは結構歩きます(約25分)

 f:id:pskusg:20180831142755j:plain

バスもあります(片道£1)

f:id:pskusg:20180831143534j:plain

ついた!

f:id:pskusg:20180831143542j:plainf:id:pskusg:20180831144135j:plain

石のカタチがすごい。六角形から八角形で統一されてます。

f:id:pskusg:20180831144330j:plainf:id:pskusg:20180831144044j:plain

音声ガイドによると6000万年前にできたらしい。

f:id:pskusg:20180831143535j:plain

海に近い側は黒く、上の方は何か?の成分が抜けて赤い色になったそうです。

f:id:pskusg:20180831160628j:plain

ちなみにツアーでここを訪れると時間の関係でさっきの写真やホームページにあるメインの岩のところまでしか見れないそうです。看板でいうところのBlueTrail(moderate)です。私の旅は自由スタイルなのでRedTrail(difficult)と一部のYellowTrail(challenging)も楽しみました。

以下の写真はツアー以外の人にしか見れない景色です。

どうぞ。

-RedTrail(difficult)-

f:id:pskusg:20180831145522j:plainf:id:pskusg:20180831150740j:plain

岩の高さも結構あります。高いものだと100メートル以上。

f:id:pskusg:20180831144857j:plainf:id:pskusg:20180831145847j:plain

この六角形の状態で100メートルあるなんてすごい。

f:id:pskusg:20180831150539j:plain

世界遺産になった岩のエリアから少し離れるとさらに絶景!

f:id:pskusg:20180831152336j:plainf:id:pskusg:20180831151250j:plain

↑この写真の細道を歩いていくのがRedTrailなんです

f:id:pskusg:20180831150018j:plain

途中に明らかに危険そうな色の実が!すると白人の女子大生と思われる若い子が迷いなくこの赤い実を口に入れて下をペロッとした!笑

私には怖くてできん!

-YellowTrail(challenging)-

f:id:pskusg:20180831151716j:plain

お次はChallengingのYellow

f:id:pskusg:20180831152435j:plain

このボロボロの標識とダイナミックな景色のコントラストたまらん

f:id:pskusg:20180831155433j:plain

青空と草原!

YellowTrailは本当に人気がなくて人がいない

f:id:pskusg:20180831153651j:plain

歩けば歩くほぼ自然

f:id:pskusg:20180831152858j:plainf:id:pskusg:20180831153240j:plain

牛もこれでもかーってほどに大きく感じる

f:id:pskusg:20180831153116j:plain

快晴なんだよね

f:id:pskusg:20180831155152j:plain

こんなに自然の中に自身の身を置けるこの幸せがたまらん

f:id:pskusg:20180831153940j:plain

崖先までの道があったけど怖くて断念。もし滑ったら?なんて思ってしまう笑。

私はこのあたりでYellowTrailをUターンして戻りました。Yellowは全長53kmなので制覇は無理です。最終的には途中3人とすれ違いました。やっぱり変わり者は私だけではない。challengingってコースがあるなら時間が許す限り歩いてみたくなる!

f:id:pskusg:20180831152410j:plain

Yellowから入り口のミュージアムに戻れるのだけど、私はどうしてもまたジャイアンツコーズウェイの岩に戻りたくてまたBuleTrail(1.2km)を一から歩きました。

f:id:pskusg:20180901113822j:plain

2回目の訪問に向かい始めると雲が出て来て

f:id:pskusg:20180831163322j:plainf:id:pskusg:20180831163552j:plain

同じ場所とは思えないくらいの変貌。そして強風!

2回目は写真はさほど取らず、ただ座っておやつを食べたりお水を飲んだりしてぼーと景色を眺めながら過ごしました。

f:id:pskusg:20180831163554j:plain

さらば!コーズウェー!

f:id:pskusg:20180831171924j:plain

私の人生の中でここへ戻って来ることはないであろう!こんな遠いところなかなかこれんよ!かなり楽しめたよ!

まじありがとう。世界は広いね!

(この観光ではGARMINによると12.1kmの歩きました)

f:id:pskusg:20180831172623j:plain

バスでPortrushまで戻る(往復で£3.1)

f:id:pskusg:20180831174826j:plain

今回時間がなくて行けなかったキャッスルは車掌から見学

f:id:pskusg:20180831175039j:plain

Portrush実は綺麗なビーチもあるのです

Portrush街

f:id:pskusg:20180831181037j:plain

戻るなりお昼と同じバーへまた戻る

f:id:pskusg:20180831182853j:plain

ギネスとギネスシチュー再び!お店ごとにシチューが違うから食べ比べると楽しい。

f:id:pskusg:20180831191008j:plainf:id:pskusg:20180831190940j:plain

日が長いので結構遅くまで明るい!

本当に田舎街。

娯楽は昭和の温泉街にあるおようなゲーセンのみ。ゲーセン3つくらいある!日本でも三十年前くらいに流行ったような機械ばかり。

f:id:pskusg:20180901222706j:plain

Causeway sea salt味のポテチを夜食に購入。宿へ戻ったけど結局食べる間も無く就寝!

この日はDublin-Portrush移動からの世界遺産でバタバタでした。翌日はもっと大変です。

翌日のスケジュール

午前に2箇所観光

Bushmills | Ireland's Oldest Whiskey

Carrick-a-Rede | National Trust

午後はPortrushからBelfastAirportまで電車とバスで移動。

夕方の便でGlasgowへ!

そして寝て起きたら学会ですよ!

ではまた〜