シドニー生活

アラフォーの医療系大学院生がシドニーで研究にトレランに奔走するお話

PRSS2019がキターーー!続続続 ハッピーエンド

海外で初の助成金獲得!

2019年6月14日金曜日、とうとう英語で初めて助成金をもらいました。

その額は2003.69ドル!!

このお金を使って9月にアブダビでポスター発表してきます。

 

f:id:pskusg:20190618201243p:plain

PRSSは Postgraduate Research Support Schemeの略で、大学のFacultyがHDRに対して助成する制度。毎年HDR (MPhil/PhD) は1回エントリーすることができ、獲得上限は決められており、MPhilは卒業までに1回、PhDは卒業までに最高で3回の助成を受けることができます。

とはいえ、これもコンペ。みな必死。金銭的にもありがたいが、もっとありがたいのがCVにかけるという事実。このPRSSはグラントと同じような扱いなので、Facultyの選抜に残り助成を受けたというこの事実が大切。選抜は研究実績などで決まります。

今年2019のPRSSの記事はこちら

PRSS2019がキター

PRSS2019がキター続

PRSS2019がキター続続

f:id:pskusg:20190618201240p:plain

合格通知を受け取ったのは、コペンハーゲン滞在中の学会3日目の最終日。もう自分の仕事は2日目に終えていたので、リラックスして人のプレゼンを聞いていたときでした。もうあまりにも突然で!

コーヒーブレイクになった瞬間に速攻でスーパーバイザーを探して報告!

かなり驚いていた笑

なぜ驚く?笑

多分、スーパーバイザーは私が受賞できないと思っていたのだと思う。というのも、昨年に大学のFacultyが合併したし、PRSS (Postgraduate Research Support Scheme)のクライテリアが変更になったり、そして前回のブログには書かなかったけど今年から最終審査前のスクリーニングを3人の代表者が振り分けるという透明性を重視した審査方法が実施されることになったのだ。だから今年からは例年以上に難しいかもしれない、とうかみな想像つかない感じ。

私はこのPRSSに武器0状態で挑んだ。私はNo publication かつ No under the review でしたので、論文の実績がいわば0。これが致命的。せめて「国際ジャーナルにサブミットしていま査読中under the review」って文言があれば・・・なんて4月に長々とブログに愚痴ったくらい。

でも、結果は合格なんだな。人生は何が起きるかわからない。

これが合格メール↓

Student ID: ---
Faculty: Faculty of Medicine & Health

Thank you for submitting an application for the Postgraduate Research Support Scheme in 2019.

We are pleased to confirm that your application has been successful! 

You have been awarded $2,003.69 in PRSS funding. 

We are working to process the PRSS payments, and you can expect the total amount to be deposited into the bank account you have nominated in Sydney Student shortly. 

Congratulations on the outcome of your application. We wish you the best in your studies. 

Kind regards, 

Higher Degree Research Administration Centre
Deputy Vice-Chancellor (Registrar) Portfolio

無理と思いながらも、自分では取りに行くつもりでアプリケーション書いたし、年に1回だけある学生への研究助成(主にカンファレンスの渡航費)のチャンスだし、挑戦しない手はないよね。いくら競争率高くても、欲しいよね。私は確かに論文は0本だけど、1年目でデータ解析終えてポスター発表1回実施したし、MPhilからPhDへジャンプアップもしたし、エビデンス(論文)がないだけで研究自体は進んでいるほうだと思う、と自分に言い聞かせて諦めるということができなかった←けっこうしつこいタイプ。

人生、諦めないのが大切。PhD2年目の学生やMPhilの学生も私が知っているだけで3人が「Publicationがないから獲得はまず無理」という理由でエントリーすらしなかった。No publication で何が悪い!笑

No publication なのに無謀にもエントリーした時の話はこれ↓

pskusg.hatenablog.com

ちなみに、PRSS獲得できたけど満額ではなかった。3276ドル申請して支給確定額は2003.69ドル。

これがアプリケーションに実際に書いた内容↓

Details of expenses for registration and travel expenses

  • Registration 475AUD (€300) (Early bird and student registration)
  • Section dinner 95AUD (€60) (The Social and Administrative --- Section)
  • Flight 1,801AUD (Average price)
  • Accommodation 907AUD (AED2,359) (Hotel recommended by ---, Average price)  
  • Poster printing 60AUD (Size A0, Polyester material - Digifab)

Total: 3,276AUD

Requested fund: 3,276AUD

これはグラントあるある。請求額から減額されて支給が決まることはある。

うん!減額されるのは想定範囲内なのでよし!少しでもお金が出るのはありがたい。

 

友人よりメッセージあり。

すでに友人1人に言われたのは、

「いまだから言うけど、通らないだろうなと思ってた」

とね笑

「だからこそ、よくやった、おめでとう!」

ってね笑

やっぱり挑戦しないことにはなにも得られないよねーってのが友人との結論。負け戦だからエントリーしないということはこれからも極力選ばないようにしていきたいです。

f:id:pskusg:20190618201236p:plain

これで、心置きなくFacultyのお金で学会にいけます。

 

そうそう、今朝コペンハーゲンからシドニーへ帰国しました。そちらも記事にしたいです。時間あれば書きます。

 

では。